旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ついに解禁。観光客立入禁止になった美しすぎる離島「ボラカイ島」

Haru
2018/12/07

世界最高と言われるビーチリゾート、フィリピン「ボラカイ島」をご存じでしょうか。

フィリピン中部、シブヤン海に浮かぶ全長7.5kmほどの小さなこの島は、エメラルドグリーンの海に囲まれた美しいリゾート地で、世界各国から注目を集めていました。

image by:HelloRF Zcool/Shutterstock.com

そんなフィリピンきっての観光地・ボラカイ島ですが、実は2018年の4月末から10月末までの半年間、観光客の立ち入り完全に禁止していました。島に入るには島民であるという身分証明書が必ず必要になるほどの徹底ぶりだったそうです。

そこで今回は、再び観光に訪れることができるようになった美しいボラカイ島をご紹介します。

島々からなるフィリピンきってのビーチリゾート「ボラカイ島」

image by:gg-foto/Shutterstock.com

フィリピンは大小7,000もの島々から構成される国家です。首都マニラがあるのは一番大きな島であるルソン島で、そのルソン島から南、ミンドロ島を挟んだもうひとつの大きな島パナイ島の最北端から2kmほど沖にボラカイ島があります。

image by:ARTYOORAN/Shutterstock.com

7000もの島を持つフィリピンのなかでボラカイ島注目を集めたのは、1990年代後半に入ってからです。それまでのボラカイ島は水道や電気が通っておらず、知る人ぞ知る静かで美しい秘境と呼ぶに相応しい島でした。

島民たちはいくつかの集落に居住し、ホテルや観光施設のない島を訪れるのはボラカイ島の美しさを伝え聞いたバックパッカーたちだけで、自らキャンプを張り飲み物や水を持ち込んでビーチを満喫すると言うスタイルが一般的でした。

image by:photopixel/Shutterstock.com

しかし、2000年代に入りボラカイ島にも電気や水道などのライフラインが確保されるようになると、ボラカイ島の美しさが世界中で注目を集めるようになりました。その結果、ホテルや観光商業施設が立ち並ぶようになり、ボラカイ島は一大リゾート地として名をはせて行くようになります。

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

ついに解禁。観光客立入禁止になった美しすぎる離島「ボラカイ島」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 台湾 台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 ★ 43
 その他のエリア 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2018年版】 ★ 1178
  日本食を愛する台湾人が決める「ここがうまい日本の外食チェーン店」 ★ 647
 台湾 子連れ海外旅行で困るご飯問題、台湾では激旨お粥「サバヒー粥」がいい ★ 850
 フィリピン 神様が創った最後の楽園。自然豊かな美しき秘境、フィリピン「EL NIDO」 ★ 133