旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

目まぐるしいほど鮮やか。おじいちゃんが一人で描いた、台湾「彩虹眷村」

Haru
2019/01/18
image by:asiastock/Shutterstock.com

黄じいさんは灰色の彩虹眷村の壁や路地に、動物や人物、言葉などがカラフルに描いていき、その色鮮やかで不思議な世界観が村中に広がっていきました。

image by:Phuong D. Nguyen/Shutterstock.com

このカラフルに描かれた村のウワサを聞いた人々が、写真を撮ってSNSなどにアップし、村が再開発計画により取り壊されるという話が広がりました。

さらに台湾の大学教授やその学生たちがアートとしてこの村に価値があるとし、文化資産として保存するよう台中市政府に申請。

image by:Phuong D. Nguyen/Shutterstock.com

これらがきっかけとなり、インターネットで「虹の村を救おう」という活動がさらに拡大しました。その後、台中市長が自ら虹の村を訪問、文化遺産には満たないものの、「彩虹芸術公園」としてこのエリアを残すことを決定。

一度は取り壊される運命にあった村でしたが、2014年1月に「芸術公園」として新たにオープンし、現在は国内外から観光客が訪れるような台中を代表する観光スポットになったのです。

彩虹眷村を描いた「黄じいさん」に会えるかも?

image by:Kit Leong/Shutterstock.com

彩虹眷村の小道を入ったところに売店があります。この売店には、黄じいさんが描いた絵を基にしたオリジナルグッズが並んでいます。

ポストカードやシャツ、傘、マスキングテープなど種類もさまざまで、お土産にもぴったり。

image by:Kit Leong/Shutterstock.com

そしていまや90歳を過ぎている黄じいさんですが、現在も元気でとってもお茶目。村の売店に出ていることもあるので、運がよければ会えるかもしれません。気軽に写真撮影にも応じてくれたりと、サービス精神も旺盛なかわいらしいおじいちゃんです。

  • 彩虹眷村
  • 台湾台中市南屯區春安路56巷
  • 高鉄台中駅の1階バスターミナル16番乗り場より、617番バス乗車「彩虹眷村」下車すぐ/高鉄台中駅から26、70、99番バス「彩虹眷村」下車
image by:Phuong D. Nguyen/Shutterstock.com

彩虹眷村は、たった一人のおじいちゃんが描き始めた色彩豊かなかわいらしい村ですが、現在は台湾在住の人々が結婚式の写真撮影背景として使うことも多いそうです。


鮮やかでいて、見ているだけでパワーをもらえるようなこの村は、訪れる人々を元気で幸せな気持ちにさせてくれます。

台中の一大観光地ではありますが、いま現在も黄じいさんたちが暮らしているので、マナーを守って観光してくださいね。また、ペンキ代などの寄付もお忘れずに。

image by:asiastock/Shutterstock

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

目まぐるしいほど鮮やか。おじいちゃんが一人で描いた、台湾「彩虹眷村」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 全国 超有名店の味をお手軽に。全国の直売所・アウトレットショップ ★ 143
 国内 いま台湾が大注目する「温泉総選挙」、日本の人気名湯TOP5が決定 ★ 50
 台湾 【話題】美しすぎる台湾・故宮博物院のコインロッカー ★ 699
 神奈川 18歳以上限定。伝説のスラム街「九龍城塞」が川崎に蘇る ★ 111
 海外 【リアル孤独のグルメ 台湾篇】親日の台湾で見つけた不思議な「日本料理店」 ★ 133