旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

早春の彩りを探しに。2019年「河津桜まつり」2/10スタート

Haru
Haru
2019/01/28

まだまだ寒い日が続きますが、ふと暖かな日差しを感じたりと、少しずつが近づいてくる足音が聞こえるようになってきました。そして春といえば、やはり人々を魅了してやまないです。

image by:atravellens/Shutterstock.com

古くから日本人に愛され続けている桜ですが、静岡県の河津町には早咲きで有名な「河津桜」があります。河津桜は咲き始めてから満開になるまで約1カ月もかかるので、長い期間楽しむことが可能です。

少し早い春を体感できる、静岡県の河津桜。今回はそんな河津桜をたっぷり楽しめる「河津桜まつり」をご紹介します。

2月上旬から楽しめる「河津桜」

image by:Krishna.Wu/Shutterstock.com

河津桜」は1955年ごろに、静岡県河津町の飯田勝美氏が偶然桜の苗を見つけ、それを庭先に植えたことが始まりとされています。1966年ごろから開花が見られるようになり、1968年ごろには桜の増殖・普及がはじまりました。

その後、この桜の調査が行われ、それまで存在しなかった種であることが判明し、河津町に原木があることから1974年にいまの名である「河津桜」と命名されました。なお、1975年から河津町の木として指定されています。

image by:Norikazu/Shutterstock.com

この河津桜は早咲きとして知られ、2月上旬くらいから開花をはじめて、約1カ月という長い期間を経て満開になります。ソメイヨシノは10日程度で散ってしまいますが、河津桜ならツボミから満開まで、ゆっくりと咲き誇る姿を楽しめますよ。またソメイヨシノと比べ、ピンクの色が濃くかわいらしいのも特徴です。

ご当地グルメも楽しめる一大イベント「河津桜まつり」

image by:Matt Leung/Shutterstock.com

非常に長い期間楽しめる河津桜ですが、その河津桜の開花期間にあわせ、なんと約1カ月間もの長期間開催で約200万人もが訪れる大きなお祭りが「河津桜まつり」です。

2019年は2月10日(日)〜3月10日(日)まで開催され、2月20日(水)~3月3日(土)の夕方にはライトアップも行われます。昼間とは違った美しい桜の表情も、ぜひ見ておきたいところですね。

image by:Angela Ho/Shutterstock.com

まつり会場には地場産品やご当地グルメなどの出店も多くあるので、美しい桜を楽しみながら美味しいつまみやグルメも味わえるのも魅力です。


例年、駐車場などはかなり混雑するので、アクセス情報などは公式サイトからしっかり確認してから訪れてくださいね。

  • 第29回 河津桜まつり
  • 静岡県河津町賀茂郡河津町笹原72-12 河津桜観光交流館
  • 開催期間:2019年は2月10日(日)〜3月10日(日)
  • http://kawazuzakura.jp/

かわいらしいピンクの花びらが印象的な河津桜は時間をかけてゆっくりと咲くことから、花見を楽しめる期間が長いのが大きな魅力です。

桜を楽しみながら美味しい静岡のB級グルメも味わえる河津桜まつり、ぜひ2019年は足を運んでみてはいかがでしょうか。

image by:Krishna.Wu/Shutterstock.com

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

早春の彩りを探しに。2019年「河津桜まつり」2/10スタート
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ
 長野 【私の出合った日本百名山】初心者から愛犬家まで楽しめる「入笠山」 ★ 56
 全国 【続】地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ ★ 984
 国内 あぁ、癒されたい。湯の国ニッポンの人気「温泉」ランキング ★ 144
 静岡 アナログなのに最先端!?外国人人気急増の静岡県制作、温泉マナー動画 ★ 139
 全国 あの有名企業の発祥地はココだった。自慢したい企業の地元20選 ★ 901