旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

風情感じる喜びを。日本を代表する「絶景の桜」ランキングTOP10

ニッポン津々浦々
2019/03/15

第7位 音羽山 清水寺/京都府

例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬

image by:f11photo/Shutterstock.com

日本を代表する観光地・京都の中でもっとも有名な観光スポットといえば、「清水寺」ではないでしょうか。清水寺は、春に桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々に美しく姿を変えてゆくため、何度訪れても飽きません。

古くから「清水の観音さん」と呼ばれる観音様もいて、無病息災や立身出世、良縁といった現世利益を願う人々に篤く信仰されています。

清水寺の周りには京料理を食べれる店や八ツ橋専門店などがあるので、京都らしさを感じながらお散歩してみてはいかがでしょうか。

  • 音羽山 清水寺
  • 京都市東山区清水1-294
  • 075-551-1234
  • 清水五条
  • 大人 400円/中学生以下200円
  • 定休日:なし
  • https://www.kiyomizudera.or.jp/

第6位 上野恩賜公園/東京都

例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬

image by:Pabkov/Shutterstock.com

第6位にランクインした「上野恩賜公園」は、園内に赤ちゃんパンダ「シャンシャン」で有名な動物園、日本のみならず世界のアートも集まる美術館、国立博物館などもそろう、カルチャーと自然が融合した老若男女に愛される公園です。

そんな上野恩賜公園は、実は江戸時代から桜の名所として地元住民に親しまれてきました。同園にある桜は怪僧ともいわれる天海が奈良の吉野山から移植させたともいわれる、歴史ある桜です。公園通りを中心に約800本の桜が咲き乱れ、園内はお花見散歩を楽しむ人でにぎわいます。

広い園内を歩いて疲れたら、レストラン&カフェで休憩を。開放的なテラス席もあるので、春の風を感じながら、ゆったりのんびりできますよ。

第5位 目黒川/東京都

例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬

image by:picture cells/Shutterstock.com

第5位には、トレンドエリア・中目黒を流れる「目黒川」の桜がランクインしました。池尻大橋~東急目黒線下の亀の甲橋まで、約4kmの川沿いの両岸に約800本のソメイヨシノが咲いています。

日中のお花見も素敵ですが、目黒川ならぜひライトアップをしている夜に訪れてみてください。川沿いにあるおしゃれなカフェやレストランなどは、桜の開花時期にスパーリングワインやおつまみなども販売しているので、ふらりと都会派なお花見を楽しめます。

肌寒い日は近くのカフェに立ち寄って、桜を見ながら美味しいコーヒーを楽しんでみたり。おしゃれに気ままに夜桜を楽しめますよ。


  • 目黒川
  • 東京都品川区東品川3-9
  • 中目黒
  • 無料
  • 無休

第4位 五稜郭公園/北海道

例年の見ごろ:4月下旬~5月上旬

image by:Sawarut Triratanachat/Shutterstock.com

北海道・函館にある「五稜郭公園」は、上から見ると「星形五角形」をていする外観から五稜郭と呼ばれています。同園に訪れたなら、五稜郭タワーはマストです。高さ107mから見る城郭一面に咲き誇る桜は、その不思議なかたちも相まってとってもファンタジック。

指定エリア内ではジンギスカンも楽しむことができるため、ご当地のグルメを楽しみながらお花見もできます。地元住民の人からも愛されている公園です。

本業は某百貨店などのグルメ系イベント企画。日本全国をめぐりすぎて詳しくなってしまったため、2013年よりグルメ・旅行ライターとしてもスタート。現在は6カ月国内地方、3カ月海外にいるため、名前のわりに海外にも詳しくなってしまいました。

風情感じる喜びを。日本を代表する「絶景の桜」ランキングTOP10
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ