旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

リアルな札幌夜遊び事情…すすきのに飽きた美女たちはどこへゆく?

Array
2019/04/24

異国情緒たっぷりな「シンガポールスタイル・コピティアム」

楽しすぎて写真を撮り忘れ…翌日はまさかの年に1度の休業日だった「シンガポールスタイル・コピティアム」は、赤黒いライトアップで異国情緒漂いまくりのお店です。

金曜日の夜は深夜3:00まで営業しているのですが、酔っ払いが集合してワイワイ夜を楽しんでいます。異国情緒漂う雰囲気のおかげか、外国の方も多く訪れています。

店内はかなり暗くてライトも赤いため、料理の色味はあまり見えないのですが…すべてが間違いなく美味しい、本格的なシンガポール料理が楽しめます。

盛り上がる店内の雰囲気に飲まれて、気づいたら酔っ払っている。そんなお店です。札幌の夜に溺れたい方は、深い時間に足を運んでみてください。

  • Singapore Style KOPITIAM
  • 北海道札幌市中央区南三条西7-5
  • 011-219-7773
  • 大通、すすきの
  • 18:00〜26:00

ツウが集まる狸小路6丁目の、オシャレな大人の居酒屋「酒と銀シャリ せいす」

もう外観からオシャレな雰囲気が漂う大人の居酒屋「酒と銀シャリ せいす」には、感度高めの札幌女子が集まっております。

食器やコースターまでオシャレで、SNS好き、インスタ映え女子がテンション上がること間違いなしのお店です。

南部鉄器羽釜でじっくり炊き上げる銀シャリに合う日本酒などに、種類豊富なアテ、そして北海道のミネラルを十分に含んだ活生カキが待っています。

午後3時から営業しているので、0次会利用にもおすすめです。

  • 酒と銀シャリ せいす
  • 北海道札幌市中央区南2条西6-5-3 住友狸小路プラザハウス
  • 050-5593-9092
  • 大通/すすきの
  • 15:00〜25:00
  • https://andseis-inc.com/

渋くて美味いぜ「狸小路市場」

そして最後は、知るひとぞ知る超穴場「狸小路市場」をおすすめします。市場の入り口はこじんまりとしているので、うっかりすると見逃してしまいそう。穴場感がたまりません…!

市場とはいえ、商店は現在は青果店と鮮魚店のみで、あとは小規模な飲食店が立ち並んでいます。

北の旬の味をたっぷり堪能できる炉端焼きのお店「めんめ」や、商店街内の鮮魚店直営の寿司屋「すし しもくら」など、北海道の美食を堪能できるお店が大集合。

北海道の旬の味を食べ慣れている地元の美食家たちが、気軽な雰囲気で集う場所です。

  • 狸小路市場
  • 北海道札幌市中央区南3条西6丁目
  • 代表電話なし、各店舗に問い合わせ
  • 大通/すすきの
image by:Mr.Bon/Shutterstock.com

限られた日数で札幌に訪れるなら、ご飯は絶対外したくないものです。今回紹介した「狸小路」では、ハシゴ酒が楽しめるお店もたくさんあるので、欲張りにハシゴDAYを作るのもおすすめです。

お店で出会った地元住民におすすめを聞いて次の店に行く…なんて交流もしてみて、札幌の夜を思いっきり楽しんでくださいね。

image by:遠藤チサト

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

いま読まれてます

北国生まれのAB型。インスタ映えに命をかけるミーハー女子。デートで「何食べたい?」と言われたら必ず「お肉」と回答。トレンドに忠実に楽しいことばかり選択するゆとりライター。

リアルな札幌夜遊び事情…すすきのに飽きた美女たちはどこへゆく?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます