旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

旅好きなツウはどこを選ぶ?世界の人気エアラインTOP10

TRiP EDiTOR ニュース
2019/06/21

第6位 サウスウエスト航空/アメリカ

image by:Carlos Yudica/Shutterstock.com

第6位には、アメリカのダラス・ラブフィールド空港に拠点を置く「サウスウエスト航空」がランクインしました。

格安の航空会社ですが、同社のもっともユニークなところは、「顧客第二主義」を掲げているところです。つまり、従業員がいかに楽しんで仕事をできるかを優先しているのです。

このため従業員にはユニークなサービスを推奨しており、職員が迷彩服を着用したり、CAが妖精の格好をしたりと、ほかの航空会社では考えられないサービスを展開しています。

運行はアメリカ国内がメインで、海外への直行便は運航してません。

第5位 JAL(日本航空株式会社)/日本

image by:Dpongvit/Shutterstock.com

第5位には日本の「JAL」がランクインしました。JALは、成田国際空港(国際線)、東京国際空港(国内線及び国際線)、関西国際空港(国際線)、大阪国際空港(国内線)を拠点とする日本で1番長い歴史を持つ航空会社です。

イギリスの航空サービスリサーチ会社であるスカイトラックスの格付けでは、最高の「5つ星航空会社」の認定を得ています。

台北の街並み image by:beeboys/Shutterstock.com

こちらもANAと同じく、エアバス社とボーイング社の航空機を主力にしており、国際線では台湾、韓国、中国、香港からイギリス、フランス、ドイツ、ロシアなど数多くの国へ直行便を運航しています。

第4位 エミレーツ航空/アラブ首長国連邦 ドバイ

image by:Carlos Yudica/Shutterstock.com

第4位にランクインしたアラブ首長国連邦・ドバイの「エミレーツ航空」は、機内サービスの評価が高いのが有名で、ファーストクラスでは実質個室のようになっている「プライベートスイート」を搭載しています。

またCAの採用基準も、世界の航空会社のなかでもっとも厳しいといわれています。


実質個室のような豪華なファーストクラス image by:Agent Wolf/Shutterstock.com

ドバイが世界都市として成長するに伴い就航地の拡大を続け、いまでは日本(東京、大阪)や韓国、中国、インドにアメリカ(ニューヨーク、ロサンゼルス)、南アフリカなどに運航しています。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

旅好きなツウはどこを選ぶ?世界の人気エアラインTOP10
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい