旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

いつも頑張ってるから。ちょっと海でも見て、気分サッパリいこう

 

カーヨ・デ・アグア/ベネズエラ(ロスロケス)

image by:Giongi63/Shutterstock.com

ベネズエラのロスロケス諸島は、非常に小さな島々で構成されている国立公園に指定されている諸島です。

美しく魅力的な小島が多く、なかでも美しい海の真ん中を細長い砂浜が道のように現れる「カーヨ・デ・アグアフィジー」は、驚かずにはいられない光景を見せてくれます。

日本から遠く離れた場所に位置していますが、訪れる価値のある絶景スポットですよ。

ホワイトヘブンビーチ/オーストラリア(GBR)

image by:Tobias Winkelmann/Shutterstock.com

オーストラリアにある世界最大のサンゴ礁地帯であるグレートバリアリーフ(GBR)。そのなかでもサンドバンクを楽しめるのがハミルトン島の「ホワイトヘブンビーチ」です。

ホワイトヘブンビーチとは日本語に直訳すると「白い天国の海岸」。その名の通り、まるで天国にいるかのような美しいサンドバンクなのです。

場所によって、真っ白な砂浜やマーブル模様になった入り江など、さまざまな顔を見せてくれる、世界でも有数の美しさを誇るサンドバンクです。

はての浜/沖縄(久米島)

image by:dah_ken/Shutterstock.com

沖縄県の久米島の沖合5キロメートルのところにある「はての浜」は日本を代表するサンドバンクスポットです。

はての浜は砂だけでできている無人島で、エメラルドグリーンの美しい海と真っ白な砂浜が細長く続く、人気の観光スポットです。

旅行サイトで高く評価されていたり、映画やテレビ番組、CMのロケ地にもよく使われています。多くの旅行会社などがツアーを企画しているので、沖縄旅行の際はぜひ訪れてみてください。


「サンドバンク」は、場所によってそれぞれ美しさは異なり、その国の観光やアクティビティも含めて魅力がたっぷりあります。

このほかにも絶景のサンドバンクは各地にあるので、ぜひ今回ご紹介したスポットも含めて、次の旅行計画に加えてみてくださいね。

  • image by:Ventura/Shutterstock.com
  • ※2019年6月14日/更新2020年6月9日
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

海大好きなライター2名による「海辺のまち」です。日本や世界の海をメインに潜り、さらに森を探索して山に登っています。

いつも頑張ってるから。ちょっと海でも見て、気分サッパリいこう
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます