旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

天国にいちばん近い砂浜。世界の美しい「サンドバンク(砂州)」10選

ニッポン津々浦々
2019/06/14

梅雨が明ければ、夏本番。そして夏といえばビーチで波音を聞きながら癒されたくなりますよね。世界中にはたくさんの有名ビーチがありますが、なかでも海のなかに突如現れるサンドバンク(砂州の島)が絶景スポットとして人気を集めています。

サンドバンクとは、引き潮になると浅瀬に現れる砂浜のことで、世界的にも限られた場所でしか見れない絶景なのです。

そこで今回は、日本や海外で見ることができるサンドバンクスポットをご紹介します。ぜひ、夏旅の計画を立てる際の参考にしてみてくださいね。

はての浜/沖縄(久米島)

image by:dah_ken/Shutterstock.com

沖縄県の久米島の沖合5キロメートルのところにある「はての浜」は日本を代表するサンドバンクスポットです。

はての浜は砂だけでできている無人島で、エメラルドグリーンの美しい海と真っ白な砂浜が細長く続く、人気の観光スポットです。

旅行サイトで高く評価されていたり、映画やテレビ番組、CMのロケ地にもよく使われています。多くの旅行会社などがツアーを企画しているので、沖縄旅行の際はぜひ訪れてみてくださいね。

スネークアイランド/フィリピン(パラワン)

image by:Khoroshunova Olga/Shutterstock.com

多くの島からなっている国フィリピン。そのフィリピンのパラワン諸島には「ビガン島」があります。

引き潮時には白い砂浜がヘビのような細長い形で浮かび上がることから、「スネークアイランド」という別名で呼ばれています。

この細長いサンドバンクは全長約300mで対岸の島まで続いているので、世界でも珍しい光景を楽しめますよ。


ナンユアン島/タイ(サムイ)

image by:itsmebik/Shutterstock.com

続いてはタイの「ナンユアン島」のサンドバンク。ナンユアン島は世界でも美しい一帯とされるサムイ島周辺のなかでも、もっとも綺麗なエリアとされています。

真っ白な砂の道が3つの島をつなぐ光景は、この世のものとは思えないほど神秘的。また、島にある展望台からは美しい海とサンドバンクを一望することができます。


サンドバンク/フィジー(マナ島)

image by:Tamara Cerqueira/Shutterstock.com

フィジーはサンドバンクの宝庫で、美しいスポットが数多く存在します。なかでも高い人気を誇るのが「マナ島」周辺にある小さなサンドバンクです。

ここは、島と呼べないほど小さくてキュートなサンドバンクですが、その美しさは他の追従を許しません。マナ島からスピードボートやパラセーリングで見学するのが定番です。

ロングビーチ/パラオ(カヤンゲル諸島)

image by:Hiromi Ito Ame/Shutterstock.com

パラオのカヤンゲル諸島の「ロングビーチ」は、パラオ屈指の美しさを誇るビーチです。

ここのサンドバンクは、非常に透明度の高い海とサラサラで真っ白な砂浜が特徴的。延々と続くサンドバンクは、言葉にならないほどの絶景をみせてくれます。

フィノール、フヴァフェンフシ島など/モルディブ

image by:Thanapanitsakul Tee/Shutterstock.com

インド洋にある島国・モルディブには魅力的な島が数多くあり、またサンドバンクを多く見ることができる国でもあります。

なかでも近年人気を集めているのが、バア環礁にあるリゾート地「フィノール」です。この島の東には、真っ白なサンドバンクが約1.8kmも続いています。

そのほかにも、島1周を約15分ほどで回れる小さな「フヴァフェンフシ島」も、サンドバンクが有名です。

比較的まわりやすいサイズ感の島が多いので、長めの休暇なら島と島とを渡って楽しむアイランドホッピングもいいですね。

モルディブの透明度が高い海と、白くさらさらの砂との美しいハーモニーをぜひ堪能してみてください。

ナクペンダ・ビーチ/タンザニア(ザンジバル)

image by:Ventura/Shutterstock.com

アフリカのタンザニアに属するザンジバルは、白い珊瑚礁に囲まれた島々からなる諸島です。そんなザンジバルでサンドバンクを楽しめるのが「ナクペンダ・ビーチ」。

美しいサンドバンクが堪能できるほか、周辺にはスイミングやシュノーケリング、そしてロッククライミング、バードウォッチングなどさまざまなアクティが充実しています。


ノカンウイ島/ニューカレドニア(イルデパン)

image by:Jeremy Red/Shutterstock.com

ニューカレドニアの島のイルデパンから10~2月の乾季だけ行くことができる「ノカンウイ島」。

こちらは澄み切った海に囲まれた白砂の小島です。潮の状態によってさまざまに変化し、幻想的な絶景を堪能することができます。

ホワイトヘブンビーチ/オーストラリア(GBR)

image by:Tobias Winkelmann/Shutterstock.com

オーストラリアにある世界最大のサンゴ礁地帯であるグレートバリアリーフ(GBR)。そのなかでもサンドバンクを楽しめるのがハミルトン島の「ホワイトヘブンビーチ」です。

ホワイトヘブンビーチとは日本語に直訳すると「白い天国の海岸」。その名の通り、まるで天国にいるかのような美しいサンドバンクなのです。

場所によって、真っ白な砂浜やマーブル模様になった入り江など、さまざまな顔を見せてくれる、世界でも有数の美しさを誇るサンドバンクです。

カーヨ・デ・アグア/ベネズエラ(ロスロケス)

image by:Giongi63/Shutterstock.com

ベネズエラのロスロケス諸島は、非常に小さな島々で構成されている国立公園に指定されている諸島です。

美しく魅力的な小島が多く、なかでも美しい海の真ん中を細長い砂浜が道のように現れる「カーヨ・デ・アグアフィジー」は、驚かずにはいられない光景を見せてくれます。

日本から遠く離れた場所に位置していますが、訪れる価値のある絶景スポットですよ。

「サンドバンク」は、場所によってそれぞれ美しさは異なり、その国の観光やアクティビティも含めて魅力がたっぷりあります。

もちろん今回ご紹介した以外にも、世界には数多くの魅力的なサンドバンクが存在します。2019年の夏は、サンドバンクめぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • image by:Ventura/Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

本業は某百貨店などのグルメ系イベント企画。日本全国をめぐりすぎて詳しくなってしまったため、2013年よりグルメ・旅行ライターとしてもスタート。現在は6カ月国内地方、3カ月海外にいるため、名前のわりに海外にも詳しくなってしまいました。

天国にいちばん近い砂浜。世界の美しい「サンドバンク(砂州)」10選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい