旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

境内に伝説の生き物が?異国情緒あふれる宇治「萬福寺」を大解剖

KYOTO SIDE
KYOTO SIDE
2019/05/23

中国文化と日本の恵みが融合した精進料理

普茶料理とは、隠元さんが伝えた精進料理のこと。「普(あまね)く衆に茶を供する」という意味で、席の上下なく和気藹々と一卓を囲んでいただくのが作法です。

献立は、野菜や乾物の煮物「笋羹(しゅんかん)」、調理の際に余った野菜のヘタなどを刻んで葛でとじた「雲片(うんぺん)」、味の付いた天ぷら「油じ(ゆじ)」など、二汁六菜が基本。

香り付けに植物油を巧みに使うため、日本の精進料理より味が濃厚なのが特徴です。3日前の午前中までに電話で予約をすれば、萬福寺でも普茶料理をいただけますよ(詳しくは公式HPで)。

布袋さんに開梆、桃も!お守り・おみくじをチェック

大雄寶殿近くの売店には、布袋さんや開梆などをモチーフにしたお守りやおみくじ、グッズが充実。

ころんと可愛い「布袋おみくじ」は500円、ツゲの木を彫った「魚梆守り」は1000円、福を授かりそうな「布袋守」は500円。

また現在は、2022年に迎える宗祖隠元禅師三五〇年大遠諱に向けて、「福」の1文字を参拝者で1万枚写経し、「萬福」つまり「萬(よろず)の福」を願うという「萬福願掛け」(志納金1色300円〜、5色組1500円〜)も行われています。

桃をかたどった桃散華に、心静かに「福」と書き、願いの成就を祈りましょう。

おまけ☆参拝中に見つけたちょっとした遊び心

  • 黄檗宗大本山 萬福寺
  • 京都府宇治市五ケ庄三番割34
  • 0774-32-3900
  • JR奈良線・京阪宇治線「黄檗駅」下車徒歩約5分
  • 拝観料:500円
  • 拝観時間 9:00~17:00(受付16:30まで)
  • 公式サイト

source:KYOTO SIDE

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。


KYOTO SIDE

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

境内に伝説の生き物が?異国情緒あふれる宇治「萬福寺」を大解剖
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい