旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ヘミングウェイの記憶も残る。世界遺産「ハバナ旧市街」をめぐる旅

ヒトミ☆クバーナ
ヒトミ☆クバーナ
2019/06/12

オビスポ通りでグルメを楽しむ

セントラル公園の近くに、いつも観光客でにぎわっている「オビスポ通り」があります。目印は、入口にあるピンクのバー「フロリディータ」。

フロリディータ

同店は、ノーベル賞作家のヘミングウェイが通ったバーとして知られています。人気メニューは、彼が愛したカクテル「フローズン・ダイキリ」です。

ちなみに、フロリディータの奥の路地を右に曲がってしばらく行くと…

日本食堂

日本人が経営する「日本食堂」があります。

巻きずしやうどん、丼ものなど、キューバでは珍しいメニューが楽しめます。おすすめは、ボリュームたっぷりのカツカレー。日本の味が恋しくなったら、ぜひ訪ねてみてください。

オビスポ通り

旧市街で一番にぎわっているのが、ここ「オビスポ通り」です。土産物屋や両替所、日用品の店などが集まっているメインの通りです。

レストランやカフェが多く、ほとんどの店でキューバ音楽の生演奏を聞くことができます。

キューバ名物のロブスターと、キューバ産ラムを使ったカクテル、モヒート。高級食材のロブスターが、ハバナでは約2,000円で食べられます。

カフェ・パリス

続いて、オビスポ通りを直進し、テラス席がある「カフェ・パリス」の角を曲がってみましょう。


そのまま、アートが並ぶ道をまっすぐ歩きます。すると見えてくるのは、カテドラル広場の大聖堂。

大聖堂

1555年にできたこの大聖堂は、キューバのスペイン・バロック建築の代表的な建物です。正面にはレストランのテラス席があり、大聖堂を眺めながら食事ができます。

メキシコ帰りの関西人ライター。大阪在住、夫はメキシコ人。渡航歴はオーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、キューバ、韓国など。元劇団員で元バーテンダー。映画、お酒、博多大吉を愛す。

ブログ:大人が本気で遊ぶログ

Twitter:@hitomicubana

ヘミングウェイの記憶も残る。世界遺産「ハバナ旧市街」をめぐる旅
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい