旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ロマンチックな時間を過ごせる夏の「デート旅行」ランキング

村田由美子
村田由美子
2019/07/07

いよいよ間近に迫っている、本格的な夏。元号が変わった印象的な1年ということもあり、2019年の夏旅行は、いままでよりも記憶に残る最高の旅にしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

この度、女性を中心に会員数320万人を誇る情報サイト「OZmall」が、「夏のデート旅行ランキング」を発表しました。

読者アンケートからわかった、恋人や夫婦と行く夏の旅行事情を、早速ご紹介します。

圧巻の星に包まれて。ロマンティックな夜を過ごす温泉旅行が人気

オズモールユーザーが、恋人や夫婦で出かけたいと感じる旅行先の1位は「温泉」で、455人からの支持という結果に。

日本人の毎日の生活に欠かせないお風呂は、付き合い始めでも結婚後でも、どんな年代になっても間違いのない旅先といえそうです。

大切な人と一緒に行く温泉旅行は、星がきれいに見える温泉地がロマンティック。関東近郊でも、自然に抱かれた温泉地の澄んだ空なら天の川や流れ星が見えることも。

image by:PR TIMES

そこでおすすめしたいのが、環境省が全国星空継続観察で「星が最も輝いて見える場所(平成18年)」にて、第1位に認定した南信州・阿智村にある昼神温泉です。

温泉宿から参加できる標高,1400mの星空ツアーでは、180度広がる圧巻の星々に包まれ、忘れられない夜が過ごせると評判とのこと。

また、西伊豆の土肥温泉は混雑が少なく、星空スポットとしても温泉地としてもおすすめの穴場といえそう。


6本の源泉から湧き出る効能豊かな塩化物泉や見事な自然に恵まれた温泉地で、東京からアクセスしやすい場所にも関わらず、とっておきの場所へ来たような気持ちになれること間違いなしです。

都会ではなかなかお目にかかれない満天の星に会いに、温泉旅行へ出かけてみるのも良さそうですね。

image by:Shutterstock.com

ランキング第2位は「避暑地」で、414人という結果に。日本の避暑地といえば、長きにわたり人気を誇る国内屈指の高原リゾート・軽井沢です。

大きく分けると5エリアになる軽井沢は、個性的なお店が並ぶ玄関口の新軽井沢、観光名所が集まる旧軽井沢、緑に包まれた癒しの中軽井沢、アートと買い物が楽しめる南軽井沢、雄大な自然が感じられる北軽井沢に分かれています。

どのエリアも魅力が満載でそれぞれの特徴があるため、恋人や夫婦でどんなことをして過ごしたいかによって、行き先を決めてみるのもよさそうですね。

「旧軽井沢 ホテル 音羽ノ森」は、実際に宿泊した方からも大絶賛の宿。さらに「島崎藤村ゆかりの宿 中棚荘」、「星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート」なども人気です。

第3位「ご当地グルメ」で389人からの票が集中。大切な人と一緒に食べる美味しいものは格別ですよね。夏はさまざまな場所で食べ物関係のイベントも充実。

ご当地グルメは、まさに旅ならではの醍醐味の筆頭といえ、人気を集めています。

image by:Shutterstock.com

第4位は「離島」で365人からの票が集まりました。おすすめは、竹芝客船ターミナルから高速ジェット船に乗って約2時間で着く大島です。

島ならではのダイナミックな自然はもちろんのこと、レトロな街並みや無料の動物園など、訪れたくなるスポットがいっぱいの離島です。

ノスタルジックな風情が漂う波浮(はぶ)港で名物のコロッケを食べたり、地魚にぎりのランチでめずらしい魚のネタで盛り上がることもできそう。

三原山のトレッキングから、登山後の「大島温泉ホテル」の絶景露天風呂で疲れを癒すコースも魅力的です。

そして、第5位には「身体リフレッシュ」で、364人の票を集めました。旅行では、マッサージやエステが楽しめる宿を選んでみるのも良さそうです。

まったりと過ごせる1位の温泉を筆頭に、忙しい毎日から抜け出して、パートナーとふたりきりでのんびりしたい、という声が多く上がっていますね。

2019年前半の勢いや疲れをふっと癒せる夏旅行。絶好のタイミングに、大切な人と最高の思い出を作りに、出かけてみてはいかがでしょうか。

  • source:PR TIMES
  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

ロマンチックな時間を過ごせる夏の「デート旅行」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい