旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ワガママ詰め込む最高サマー。夏の女子旅、人気スポットTOP5

村田由美子
村田由美子
2019/07/12

ゴールデンウィークに続く長い休みとしてスケジュールをあわせやすい夏は、仲良しの友達と一緒に旅行を楽しめるチャンスです。

アクティビティなどの幅も広がる夏の女子旅事情は、どのような場所が人気を集めているのでしょうか。

この度、女性向け情報サイト「OZmall」が、「夏の女子旅スポットランキング」を発表しました。時間を気にせずおしゃべりを楽しんだり、きれいな景色を見たり。

友達とともに最高の夏休みを過ごせる場所を、早速チェックしてみましょう。

美味しいものを食べながらおしゃべりを楽しめそうな場所がいっぱい!

第1位 ご当地グルメ(433人)

伊豆大島の「べっこう丼」image by:photolibrary

ランキング第1位は「ご当地グルメ」で、433人の支持を集めました。女の子同士で、おしゃべりとともに美味しいグルメを楽しむのは最高のひととき。同性だからこそ気を使わずに楽しめるスイーツなどもありそうです。

image by:Shutterstock.com

旅先として、女性を中心にますます人気を集めている韓国は、成田空港から約2時間半のフライトで到着するチェジュ島に注目。

沖縄より近くて時差もなく、思いたったらすぐに旅立てるなど、日本からいちばん近い海外リゾートといえます。

さらに、ここ数年でLCCの直行便の就航やおしゃれカフェが激増し、ますます人気のスポットになっています。写真映え抜群でカラフル&キュートなスイーツがたくさんあり、女子旅にぴったり。

クリームがぎっしり詰まったカラフルマカロンで話題のカフェ「カフェコッスヨム」では、チェジュ島の人参を使ったケーキやいちごラテなどを、ビーチを望む芝生のテラス席で味わうこともできます。


第2位 温泉(356人)

第2位は「温泉」で、356人からの票が集中。老若男女問わず、旅といえば温泉といえるほど人気を集める旅先ですが、こちらも女性同士だからこそ、さらに楽しめる場所ともいえそうです。

そして「友達とまったり温泉に浸かりたいけれど、面倒な電車の乗り換えやレンタカーの予約は億劫」という人におすすめなのが、往復直行バスで行く宿泊プランのある宿です。

バスは新宿や東京、横浜など首都圏の主要な駅から現地の宿泊する施設まで直行でき、移動がとっても楽なのが魅力。往復運賃や宿泊代、食事も込みで1人1万円台からと、お得感たっぷりなのもうれしいポイントです。

良質な源泉を掛け流しで堪能できる創業五百年の老舗宿「四万たむら」や、白濁の名湯を満天の星空の下で楽しめる「万座温泉日進舘」など、人気の宿のプランも注目です。

第3位 身体リフレッシュ(315人)

image by:Shutterstock.com

第3位の「身体リフレッシュ」には、315人の票が集まりました。仕事や日々の生活で疲れがたまっている体を、休みを利用して存分にリフレッシュさせたいもの。

女子同士、思いっきり素敵なホテルスパやエステで、贅沢な時間を過ごしながら美しくなれる旅プランを計画してみるのも楽しそうですね。

第4位 離島(244人)

足地山から式根島港の眺め image by:式根島観光協会

第4位は「離島」で、244人から支持を集めました。非日常の瞬間を感じられる離島への旅行は、アクティビティ好きの友達同士で楽しめそうな計画。

女子旅におすすめなのは、東京の離島の中でも周囲約12kmと、自転車で気軽に回ることができるコンパクトなサイズの式根島です。起伏の多い道ですが、電動アシスト自転車ならスイスイ移動ができるため、普段運動しないという女の子にもぴったりです。

電動アシスト自転車に乗って目指したいのは、頂上から海ガメを見つけると幸せになれるといわれる「神引展望台」や、縁結びのお守りとして知られるナギの葉をもらえる「東要寺」など。

パワーをチャージしながら式根島の開運スポットをめぐる、爽快な旅を楽しめます。

第5位 避暑地(227人)

埼玉県秩父郡「長瀞(ながとろ)」 image by:Shutterstock.com

第5位は「避暑地」で、227人の票が集中。定番の軽井沢をはじめ、暑さを避けてまったりと過ごす女子旅も格別の予感。

思いっきり可愛いホテルで特別な時間を過ごす計画を立てるだけで、ワクワクしてしまいそうですね。

854人の読者から集まった、リアルな夏の女子旅事情。さまざまな場所がランクインしながらも、女子同士では、どこに行ってもおしゃべりがメインになりそうです。

素敵な場所で思いっきり語り合って、最高の夏の思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

  • source:PR TIMES
  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

ワガママ詰め込む最高サマー。夏の女子旅、人気スポットTOP5
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい