旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

海峡と歴史ロマンに思いを馳せる。福岡「門司港」レトロ建築めぐり

深水 央
深水 央
2019/08/02

明治時代から昭和にかけて、九州の海と陸の玄関口だった北九州市・門司(もじ)港。現在は交通の要所としての重要性は減りましたが、当時をしのばせる美しい建物が保存・整備され、その歴史を今に伝えています。

門司港は明治時代に開かれ、国際交易港として中国大陸・朝鮮半島からシンガポールなどの東南アジアを中心に世界各地と航路を結んでいました。

また、九州の鉄道のスタート地点でもあります。官営八幡製鐵所(現在の北九州市八幡区)の鉄や、福岡県筑豊地区の石炭など、門司港を中心とした物流は明治の文明開化から昭和初期に至るまで、日本の経済に大きく貢献したのです。

関門トンネルと関門橋の開通で、門司港は交通の要所から通過点へと姿を変えました。ですが、貿易港として栄えた時代に建てられたレトロモダンな建築物は、「門司港レトロ地区」として保存され、訪れる人々の眼を楽しませています。

北九州市旧門司三井倶楽部

image by:深水央

北九州市旧門司三井倶楽部」は、もともと三井物産の社交場として建てられましたが、戦後は旧国鉄が所有。1990年に国指定重要文化財となりました。1994年に現在地に移築され、門司港レトロ地区のシンボルとして親しまれています。

1922年にはアルバート・アインシュタイン博士が宿泊。その客室は当時のまま保存され、「アインシュタインメモリアルルーム」として公開されています。

建築様式は北欧でよく見られるハーフティンバー形式。白い窓枠とダークブラウンの木部、落ち着いた色合いの壁色がシックなコントラストをみせています。

  • 北九州市旧門司三井倶楽部
  • 福岡県北九州市門司区港町7番1号

JR門司港駅

image by:深水央

JR門司港駅」はJR九州・鹿児島本線の始発駅です。関門トンネルの開通までは、九州の陸の玄関口として多くの人と貨物が行き交う交通の拠点でした。かつては鉄道の車両を載せた関門連絡船が、対岸の山口県下関市とのあいだを結んでいました。

門司港駅の駅舎は1914年に竣工。1988年に鉄道の駅としてはじめて国の重要文化財として指定されました。


2012年から保存修理工事が行われ、2019年3月にグランドオープン。ネオ・ルネッサンス形式の優美な木造2階建ての駅舎は、門司港レトロ地区を訪れる観光客を迎える玄関口です。

  • JR門司港駅
  • 福岡県北九州市門司区西海岸1丁目

旧門司税関

image by:深水央

国際貿易港としての門司港を象徴するのが、この「旧門司税関」です。1912年に建てられたものを、1994年に再建しました。特注された赤レンガが港の海面に映え、門司港レトロの雰囲気を一層盛り上げています。

3階には展望室、1階には税関広報展示室があり、現在はイベント会場や休憩室としても利用されています。

  • 旧門司税関
  • 福岡県北九州市門司区東港町1-24
  • 年中無休
  • 9:00〜17:00

旧大阪商船

image by:深水央

一際目を引く「旧大阪商船」は現在の株式会社商船三井の前身にあたる、大阪商船門司支店の建物です。1917年に建てられ、1994年に修復。

カラフルなオレンジ色のレンガと白亜の石壁、そしてなによりも八角形の尖塔が特徴的で、貿易港として栄えた時代の門司港のシンボルでした。その時代この建物のロビーには、門司港から世界へと船出する旅人たちが集っていたのです。

現在1階には「わたせせいぞうと海のギャラリー」、地域作家の作品などを販売する「門司港デザインハウス」があります。

  • 旧大阪商船
  • 福岡県北九州市門司区港町7-18
  • 年中無休
  • 9:00〜17:00
  • 「わたせせいぞうギャラリー」は年2日休み

北九州市大連友好記念館(旧国際友好記念図書館)

image by:深水央

旧門司税関の隣にある「北九州市大連友好記念館(旧国際友好記念図書館)」は、赤レンガと複合した尖塔が特徴のしょう洒なモダン建築です。中国・大連市と北九州市の友好都市締結15周年を記念し、1995年に建てられました。

戦前の中国では、大連は門司港と同じように栄えた貿易港でした。この建物は、旧ロシア帝国が1902年に大連市に建てた東清鉄道汽船事務所をそっくり複製したものです。

1階は中国料理レストラン、2階・3階は交流スペースと大連市の紹介コーナーがあります。

  • 北九州市大連友好記念館
  • 福岡県北九州市門司区東港町1-12
  • 9:00~17:00 

文明開化の明治から大正モダン、そして昭和初期へと流れる時代のなかで積み重ねられた門司港の歴史が、レトロな魅力をたたえた建築物として残る「門司港レトロ地区」。

福岡旅行の際は、年間約200万人を超える観光客が訪れる港町に、足を運んでみてはいかがですか。

  • image by:深水央
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
深水 央

福岡県在住、40代のライター。海が見える自宅のキッチンに立つ時間を大切にしながら、日夜原稿に取り組んでいます。エンタメなどソフトなジャンルから政治・経済など堅いネタまで幅広く扱うオールラウンダー。

海峡と歴史ロマンに思いを馳せる。福岡「門司港」レトロ建築めぐり
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい