旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

愛を探して津々浦々。日本全国の恋する「ハートスポット」7選

Array
2021/12/27

明屋海岸/島根県

image by:隠岐観光協会

島の女神がお産をした伝説の地として知られている、島根県の「明屋海岸」。海岸西側にある切り立った大岩、屏風岩(びょうぶいわ)は、波などによりハート型にくり抜かれてできたそうです。

image by:隠岐観光協会

ごつごつとした岩肌は深紅で、低い位置の真ん中にぽっかり開いたハート型。いまでは「ハート岩」と呼ばれ、幸運や縁結びのパワースポットとして脚光を浴びています。地元ではこのハート岩を携帯の待ち受けにして、結ばれたカップルが続出したとか。

海岸から延びる遊歩道を進むと穴はさまざまに形を変え、行き止まりの地点でようやくきれいなハートを見ることができますよ。

image by:隠岐観光協会

遊歩道沿いは地層がむき出しの断崖で、280万年前の火山活動による溶岩のしぶきが固まった赤い岩壁、流れる溶岩が固まった黒い岩壁、吹き飛んだ火山弾を、実際に触って観察することができます。

エメラルドグリーンの海の向こうに、ハートに切り抜かれた海がのぞく、自然が作る景観が満喫できますよ。

  • 明屋海岸
  • 島根県隠岐郡海士町豊田
  • 菱浦港より車で20分

ウィルソン株/鹿児島県

image by:屋久島観光協会

鹿児島県屋久島の「ウィルソン株」は、400年ほど前の島津藩政時代に伐採された切り株といわれています。なかは大きな空洞になっており、泉が湧き出し、小さな流れを作っています。

大正時代に屋久杉を調査し、この大株を広く紹介したアメリカの植物学者、ウィルソン博士にちなんでこの名が付けられたそうです。

いまでは世界遺産に登録され、パワースポットとしても人気を集めています。ただ、このウィルソン株は屋久島の中央に位置しているため、約4時間歩かなければならないそうです。縄文杉トレッキングコースに入っているので、屋久島の自然を楽しみがら向かうといいかもしれません。

image by:屋久島観光協会

樹齢約3000年の大きな屋久杉の切り株のなかに入り、空を見上げるとそこには自然の色に染まったハート型が目に飛び込んできます。この写真を待ち受けにすると、恋愛運が上がるのだとか。


  • ウィルソン株
  • 鹿児島県熊毛郡屋久島町
  • 屋久島空港から屋久杉自然館まで約20分、屋久杉自然館より荒川登山口バス停まで約40分備考

ハートロック/鹿児島県大島郡龍郷町(奄美大島)

image by:岡田すみえ

ハートロック」は奄美空港から車で15分ほどのところにある恋愛のパワースポットとして人気です。

通称ビラビーチと呼ばれる海岸には、さまざまな条件が重なると澄んだ海水で満たされたハート型の潮だまりが出現します。

image by:岡田すみえ

植物の生い茂った遊歩道を抜けた先、白い砂浜と太平洋の広々とした景色が飛び込んできます。そこから砂浜を歩くとハートロックに到着。訪れた人の多くが、その可愛らしい姿を写真に収めています。

image by:岡田すみえ

綺麗なハート型を撮るためにアングルが大変ですが、岩場で足を滑らすことのないよう注意してください。この写真を携帯の待受にすると、恋の願いが叶うらしいともいわれています。

image by:photolibrary

ただし、いつ訪れてもハートロックが見られるとは限りません。ハートロックは干潮時に潮位が80cm以下に下がった時に現れます。その日の潮位にもよりますが、お目見えできそうなのは、干潮の1時間前後。事前に干潮の時間を調べて訪れましょう。

  • ハートロック
  • 鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木
  • ハートロック-龍郷町役場
  • ※宿泊施設「うふた」手前の駐車場をご利用ください。/海岸の砂浜にハートロックの場所を示す案内板があります。

日本全国にはまだまだハートスポットはあるので、折を見てさらにご紹介します。見たり、訪れたりすることで、もしかしたら幸せが舞い込んでくるかもしれないハートスポット。ぜひともその目でお確かめください。

  • image by:photolibrary
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
  • ※初出2019/9/18、更新2021/12/27
いま読まれてます

旅をこよなく愛する編集者。情報誌やエンタテインメント誌、ビジネス誌などで編集・ライターとして経験を積み、中国上海、カンボジア・プノンペンでの在住経験も有。2015年に帰国してからフリーライターとしてワークスタイルを確立。幅広いジャンルのテーマで執筆している。

愛を探して津々浦々。日本全国の恋する「ハートスポット」7選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます