旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

音楽とアートに酔いしれて。キューバ「ファブリカ・デ・アルテ」徹底レポ

ヒトミ☆クバーナ
ヒトミ☆クバーナ
2019/09/26

キューバといえば陽気な音楽やカリブ海のビーチ、スペイン統治時代の面影が残るコロニアルな街並みに、現役で走るクラシックカーが有名です。

image by:ヒトミ☆クバーナ

そんな歴史を感じさせるキューバの首都・ハバナに、老若男女が幅広く楽しめるアート空間「ファブリカ・デ・アルテ」が誕生!

image by:ヒトミ☆クバーナ

絵画、写真、映像などの現代アートが多数展示され、複数あるイベントスペースでは連日ライブやダンス公演、ファッションショーなどが行われています。

image by:ヒトミ☆クバーナ

今回は観光客はもちろん、地元のハバナっ子にも人気のアートスペース「ファブリカ・デ・アルテ」の楽しみ方をたっぷりとご紹介します!

約100年前の工場を改装したアート空間

image by:ヒトミ☆クバーナ

2014年にオープンした「ファブリカ・デ・アルテ」は、煙突がある背の高い建物とその後ろの四角い建物とで構成された、広大なアート空間です。

ハバナ旧市街からはタクシーで約15分、新市街と呼ばれる閑静なエリアにあります。

正式名称は「ファブリカ・デ・アルテ・クバーノ(Fabrica de Arte Cubano)」。「キューバのアート工場」という意味で、その名の通り1900年代前半の食用油工場を改装して作られました。

もともとキューバの食品産業省が所有していた工場を、アート活動に利用するため文科省に譲ったという、社会主義国らしいエピソードもあります。

image by:ヒトミ☆クバーナ

同施設にはギャラリーのほか、若者に人気のクラブスペース、音楽・ダンス・演劇などが見られるステージ、さらにバーやレストランもあります。あらゆる分野の現代アートに触れることができ、連日多くの人が詰めかけています。


常にオープンしているわけではなく、木曜日から日曜の午後6時~翌午前2時までの営業です。以前は午後8時オープンでしたが、少し早くなりました。

また定期的に閉館する期間があり、2019年は9月2日~10月2日までがクローズとなっています。詳しい営業日については公式サイトで確認してください。

「ファブリカ・デ・アルテ」の出入口 image by:ヒトミ☆クバーナ

出入口は建物の煙突側にあります。イベントが始まる直前は行列ができるので、午後8時より早めに行くことをおすすめします。

ここで入場料を払い、白い紙のチケットをもらいます。料金は5CUC(約500円)程度ですが、イベントなどにより異なるので現地で確認してください。

なかで飲食するとチケットにスタンプが押され、出口でまとめて支払うシステム。チケットをなくすと飲食の有無に関わらず一律30CUC(約3,000円)を支払わなければいけないのでご注意を。

image by:ヒトミ☆クバーナ

ちなみに煙突がない方の壁側には、現地の人が利用するバス停とタクシー乗り場があります。深夜まで行列ができていますが、こちらは入場の列ではありません。入口を確認してから並ぶようにしましょう。

メキシコ帰りの関西人ライター。大阪在住、夫はメキシコ人。渡航歴はオーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、キューバ、韓国など。元劇団員で元バーテンダー。映画、お酒、博多大吉を愛す。

ブログ:大人が本気で遊ぶログ

Twitter:@hitomicubana

SBIネオモバイル証券 「Tポイントで株を買う」資産運用術とは?ポイ活の新しい出口戦略
SoftBank光 SB光への乗り換えで3.8万円キャシュバック&他社違約金も満額還元中!
保険見直し本舗 プロが無料で教える!無駄な保険をリストラしつつ保障を維持する方法
音楽とアートに酔いしれて。キューバ「ファブリカ・デ・アルテ」徹底レポ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます