旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

音楽とアートに酔いしれて。キューバ「ファブリカ・デ・アルテ」徹底レポ

迷路のようなギャラリーが続く1階エリア

「ファブリカ・デ・アルテ」は、「ナーベ1~4(Nave1~4)」と呼ばれる4つのスペースに分かれています。入口から進むと、まずは迷路のようなギャラリー「ナーベ1」へ。

image by:ヒトミ☆クバーナ

細い通路にさまざまなアート作品がずらり。急に視界が開け、ライブ空間が現れたりする驚きのエリアです。

image by:ヒトミ☆クバーナ

展示内容は時期によって変わります。なかには日本の影響を受けた作品も。

image by:ヒトミ☆クバーナ

こちらはカラフルな鍵を壁に貼り付け、キューバの形にしたウォールアート。常設展示されており、人気のフォトスポットになっています。

image by:ヒトミ☆クバーナ

また「ナーベ1」にはバーやフードコートもあり、キューバ名物のモヒートなどが楽しめますよ。施設内にはほかにも全部で9カ所の飲食エリアがあります。

涼しい夜に人気のテラス席 image by:ヒトミ☆クバーナ

工場の雰囲気がそのまま残る2階エリア

続いて、2階の「ナーベ2・3」エリアへ行ってみましょう。

image by:ヒトミ☆クバーナ

「ナーベ2」は1階とは打って変わり、広々としたギャラリーです。

image by:ヒトミ☆クバーナ

工場の天井がそのまま残されており、「ファブリカ・デ・アルテ」の雰囲気がより味わえる空間となっています。

そのまま奥へ進むと、黒い壁に囲まれた「ナーベ3」にたどり着きます。


image by:ヒトミ☆クバーナ

キューバの革命家であり、2016年に亡くなったフィデル・カストロを思わせるポップな壁画。

image by:ヒトミ☆クバーナ

ダンスや演劇、映画の上映などが行われるイベントスペースがあります。

image by:ヒトミ☆クバーナ

「ナーベ3」の壁一面に広がるギャラリー、その名も「ラ・パレッド・ネグラ(黒い壁)」。ハバナの街並みを写したフォトアートが展示されていました。

いま読まれてます
音楽とアートに酔いしれて。キューバ「ファブリカ・デ・アルテ」徹底レポ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます