旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

宇治の攻めてる「あの」パン屋さん!個性的な3店をご紹介!

KYOTO SIDE
KYOTO SIDE
2019/10/02

今年1月にご紹介したパン好き必見!現地へ行って食べたい京都の個性派パン屋さん【3選】では、亀岡市、木津川市、福知山市のパン屋さんをご紹介しました。今回はその第2弾として、宇治茶と源氏物語のまち・宇治市のユニークなパン屋さんをご紹介!

宇治らしい「あの」食材にこだわるパン屋さんや全国から「あの」ファンが集うパン屋さん、メディアやSNSで話題沸騰した「あの」パン屋さんの気になる現在、と、今回も宇治のお濃茶のようにギューッと濃厚な情報をお届けします!

10種類前後の「お茶のパン」がズラリと並ぶモグモグベーカリー

創業40年以上!宇治を代表するパン屋さん

宇治橋通り商店街にあるモグモグベーカリー

宇治と聞いてまず思いつくのは、そう、宇治茶ですよね。まずは、この宇治茶を使ったパンにこだわるお店をご紹介します。JR宇治駅から徒歩4分、宇治橋通り商店街にあるモグモグベーカリーといえば、地元では知らぬ人がいない程有名なパン屋さんです。

パンかごを抱えたかわいいおじさんがお出迎え
次々と焼き上がるパンにテンションが上がります!

創業は1977年。保存料や添加物を一切使用しないオリジナルブレッドは約100種類。季節感あふれる具材を使ったパンやもっちりとした食感がたまらない食パン、そして約30ものラインナップが揃うサンドイッチなど、「あぁ、近くにあったら毎日通うのに…」と思わずため息が出そうなほど、魅力的なパン屋さんなんです。

どんな味か気になるお茶のサンライズ(メロンパン)

そして、店内の一角を占めるのが、お茶を使ったパンの数々。緑茶のあんパンやサンライズ(メロンパン)、ハードな食感もクセになる抹茶リュスティックなど毎日10種類前後が並ぶのだとか。緑茶や抹茶だけでなくほうじ茶を使ったクリームパンなど、お茶のバリエーションが幅広いところは、さすが日本を代表するお茶の産地・宇治といったところでしょうか。

サクサク食感のパンのなかには、抹茶あんと…。「茶壺」

モグモグベーカリーの代表作・茶壺

数あるお茶系パンのなかでも特に人気を集めるのが、緑の帽子をのせたような姿がかわいい茶壺250円。店主の大脇光弘さん曰く「色々と試行錯誤を重ねて完成した自慢のパンです」と語る通り、メディアなどでも度々取り上げられ、多い月にはなんと約2000個も売れるのだそう!

抹茶あんに混じって羽二重餅がin

そのままでもgood!トーストしてもおいしい!抹茶デニッシュ食パン

抹茶デニッシュ食パン

続いてご紹介するのが、大脇さんが「最近の自信作です!」とおすすめの抹茶デニッシュ食パン500円。宇治の老舗茶問屋から仕入れた粉茶と抹茶を生地に練り込んでいるのが特徴で、そのまま食べてもおいしいのですが、トーストするとさらに抹茶の風味が際立って、一枚、もう一枚とつい手が伸びてしまいます。(事実、編集部がそうでした!)

店人気のサンドイッチにも「お茶のパン」が!茗香(めいこう)ミックスパック

茗香ミックスパック

最後にご紹介するのが、お茶のパンを使ったサンドイッチ・その名も茗香(めいこう)ミックスパック280円。抹茶を使った食パン「茗香」の良さをより多くのお客さんに知ってもらうために作ったサンドイッチで、敢えてお茶のパンに合いそうなあんをサンドするのではなく、他のサンドイッチと同じように、卵フィリングやハムをはさんでいます。実際に食べてみると、抹茶の豊かな香りと卵やハムがいい感じでマッチ!「意外と合う!」思わずそんな言葉が口から出てきそうなサンドイッチなんです。宇治散策のお供に、ぜひお茶のパンを食べてみてはいかがでしょう!


■■INFORMATION■■
モグモグベーカリー
住所:京都府宇治市宇治妙楽26-1
TEL:0774-24-1267
営業時間:6時~18時
定休日:月曜、第1・2火曜
駐車場:店の正面にあるコインパーキングと提携

KYOTO SIDE

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

宇治の攻めてる「あの」パン屋さん!個性的な3店をご紹介!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい