旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

一苦労した先の美しさ。北イタリア「トリノ」の活気ある街並み

北イタリアの都市「トリノ(Torino)」は、あまり日本人には馴染みのない街かもしれませんが、イタリアでもっとも有名な自動車会社「フィアット(Fiat)や、もしくは「冬季オリンピック」で覚えておられる方も多いのではないでしょうか。

そのトリノオリンピックを機に、少しは観光にも力を入れ始めたと聞いています。

今回の旅は愛犬と一緒の旅行です。汽車でも犬を連れていくことはできるのですが、今回は愛犬のことを気にかけ、車で連れていくことにしました。

トリノの街並み image by:Shutterstock.com

Googleマップによると家からトリノまで時間にして約7時間半とのこと。ミラノを経由していかなければならないので、混雑しそうな時間を避け、夜中に出発することに。

さて、ここから私のアドベンチャーが始まります。予定通り午前3時に出発したのですが…道路はもちろん真っ暗。しかも早々と霧が発生していました。ですから、制限速度の130kmでは到底走ることができず、また、妙な寝方をしたせいで目がしょぼしょぼして大変でした。

さらに、私のスマホにはGoogleマップのほかに、「Waze」というナビゲーションも入れているのですが、天候のせいなのかどちらもがうまく作動せず、行けども行けどもあと2時間半の表示…。

image by:Shutterstock.com

しかも高速道路の途中で「左に曲がって、さらに左に曲がって…」などという案内があり、一瞬方向を誤ったかと思ったほどでした。なんとか出口まで行くことに成功。ホッとして全身の力が抜けました…。

「マンサルダ」という最上階の部屋に無事到着。そして着いてすぐ、愛犬の散歩のため街へ繰りだしました。


一苦労した先の美しさ。北イタリア「トリノ」の活気ある街並み
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験