旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

実は「パン」大国の台湾で、世界一にもなった絶品パンを食べ比べ

岡田すみえ
岡田すみえ
2019/11/06

台湾旅行の楽しみのひとつであるグルメ。朝から晩まで、本場の中華を満喫するのもいいのですが、実は台湾はパンのレベルが非常に高いといわれています。

その高クオリティな台湾パン界のなかでも特に有名なのが、世界一のパン職人を決める大会「マスター・ド・ラ・ブランジュリー」のパン部門で、2010年に優勝した台湾出身の呉寶春(ウー・バオチュン)さん。

今回はその呉さんのお店が台北にあると聞き、呉さんの名前が入った「呉寶春麥方店(Wu Pao Chum Bakery)」に行ってきました。

超高層ビル「台北101」近くで絶品パンを食す

image by:岡田すみえ

台北の観光スポットのひとつ、台北101。この超高層ビルから徒歩5分、MRT「象山」駅の目の前に、世界チャンピオンとなったパン職人、呉寶春さんのお店「呉寶春麥方店」があります。

 
image by:岡田すみえ
 

2008年に「酒釀桂圓麵包」というパンでアジアチャンピオンに、2010年には「荔枝玫瑰麵包」というパンで世界チャンピオンに輝いた実績の持ち主なんです。

吳寶春さんのパンはハードに見えて中はモチモチという独特の食感と台湾の素材を上手に使ったフレーバーが特徴なんだとか。

image by:岡田すみえ

お店に入って左手がパン屋で、右手にイートインできるカフェが併設されており、限定メニューが食べられるとのことで、さっそく頂いてきました。

ガラス張りの店内には自然光が差し込み、テーブル席とソファ席が合わせて50席ほどあります。窓側に座れば台北101が目の前に!

image by:岡田すみえ

このカフェエリアでは、利用時間が90分まで、最低消費は1人1杯のドリンク、もしくは食事1セットのオーダーです。セルフサービスのカフェなので、レジまで行ってオーダーし、先払いのシステムになっています。


旅をこよなく愛する編集者。情報誌やエンタテインメント誌、ビジネス誌などで編集・ライターとして経験を積み、中国上海、カンボジア・プノンペンでの在住経験も有。2015年に帰国してからフリーライターとしてワークスタイルを確立。幅広いジャンルのテーマで執筆している。

実は「パン」大国の台湾で、世界一にもなった絶品パンを食べ比べ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験