旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

京都府広報監まゆまろ・10周年特別企画〜缶バッジ配付中!

KYOTO SIDE
KYOTO SIDE
2019/11/17

ここは京都府庁の中にある、まゆまろのお部屋。京都府広報監まゆまろは、なにやらゴキゲンなご様子。

まゆまろ:今年は京都府のPRのお仕事をはじめてから10周年となるアニバーサリーイヤーです〜 記念に、缶バッジを作っちゃいましたです〜 まゆまろ、ウッキウキです〜♪

まゆまろ:でも、バッジだけだとなかなかPRが足りないかもしれませんですね〜 せっかくなのでもっとなんかこう……特別感を出したいのです〜
たとえば、歌手デビューとか、記念像を建てるとか……? ぐぬぬ、、自分で言っておいてなんですが、まゆまろは歌えないですし、記念像も予算的に難しいですね〜(汗)
でも、、せっかくの10周年、いつもは京都府をPRすることを頑張っていますが、たまにはぼく自身が目立つことをやってみたいです〜

まゆまろ:あ!!そういえば……ここしばらくご無沙汰でした「KYOTO SIDE」があるではないですか〜 活用しなくちゃです〜 そうと決まれば、善は急げです〜♪ これは忙しくなりますですよ〜〜!


後日……AM1000 KYOTOSIDE定例会議@京都府庁

まゆまろ:たのもうです〜〜!!

KYOTOSIDE編集部:わっ!!なになに!?

まゆまろ:お久しぶりです~京都府広報監のまゆまろです〜 今日はみなさんにお願いがあって参りましたです〜
まゆまろは、京都府のPRの仕事をはじめてから今年で10周年ですので、KYOTOSIDEで「まゆまろ特集」を組んで欲しいのです〜 どうかお手伝いくださいまし〜♪

編集長:なんと10周年でしたか! ふーむ、、これまで、KYOTOSIDEでまゆまろは体張っていろいろ頑張ってくれてましたしね。……よし!わたし達で協力できることは力になりましょう!ただし、企画内容次第となりますが、よいですか?


まゆまろ:わ〜い!やったです〜〜 では、ぼくが考えてきました「まゆまろ特集」を発表いたしますです〜

まゆまろ:コホン……では、スタッフさん手伝ってくださいまし〜。この原稿を『情●大陸』のナレーション風に読んで欲しいです〜

編集部員:??……わかりました。読んでみますね。

京都府広報監まゆまろ、こう見えて実は公務員。 好きな食べものはおにぎり、好きな飲み物は宇治茶。

おっちょこちょいでのんびり屋な反面、なんでも一所懸命挑戦する努力家の一面も併せ持つ、ハイスペックなキャラクター。

TwitterやFacebookなどのSNSも駆使して、時に凛々しく、時に健気に活躍する姿に、全国的にファンも多い。

 編集部:(ハイスペック? 全国的にファン……は、いて欲しいけど、、、これはまゆまろの願望かな?)

まゆまろは2009年10月に、「第26回 国民文化祭・京都2011」のPRキャンペーン隊長として誕生。 デザインや愛称は、全国から数千件の公募の中から選出される。

モチーフは「繭(まゆ)」。 京都には丹後ちりめんや京友禅、西陣織など、各地にさまざまな着物文化があり、それら着物の原料である「繭」から紡がれた糸がこれから新しい文化を紡いでいく……そんな思いが込められている。

中国大陸から日本に養蚕が伝わった弥生時代がおおよそ2000年前となるため、推定2000歳とされている。

編集部:へぇ〜!知らなかった!!まゆまろにはそんな深い意味が込められてたなんて!

国民文化祭が終わり、PRキャンペーン隊長のお役目をぶじ務め上げたまゆまろ。こどもたちを中心に人気が出たことから、その知名度を今度は京都府のPRに活かして欲しいと、2012年3月に「京都府広報監」に任命される。
 

編集部:こどもたちに人気なのはわかる気がするな〜。まゆまろ、実際に会うと、もふっとしててかわいいし。

まゆまろ:ふふふ〜です〜

ちなみに「広報監」とは、危機管理監や観光政策監などにならぶ役職で、わかりやすく言えば部長クラス。 京都府立植物園の宣伝部長、海の京都PR隊長や「お茶の京都」応援大使などを歴任しながら、年間さまざまなイベントに精力的に出演し、愛されキャラとして日夜奮闘している。

編集部:え!!まゆまろって部長クラスだったの!?

まゆまろ:そうなのです〜 こう見えてぼくは結構エライんですよ〜 えっへん!です〜

まゆまろ:という訳で、 『情●大陸』や『プ●フェッショナル』みたいな、ぼくのこれまでの軌跡と未来の展望を、骨太胸アツな密着ドキュメンタリーとして、取り上げて欲しいのです〜

編集長:ちょっと待って!!ええと、、KYOTOSIDEはそもそも映像ではないので、企画そのものが難しいのと、ご希望の骨太なドキュメンタリーだと、ゆるふわなまゆまろでは絵面的に……ちょっと厳しいんじゃないかな。。

まゆまろ:ガーンです〜!!

まゆまろ:ショックです〜 ちょっと案を考え直しますです〜 

編集部:なんか、ごめんね。。。わたし達で協力できることがあれば、バックアップするからね!!


KYOTO SIDE

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

京都府広報監まゆまろ・10周年特別企画〜缶バッジ配付中!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ