最強の〆料理“麺線”が美味しい「台湾佐記麺線&台湾食堂888」

台湾の「麺線」って知っていますか?お察しの通り、上の写真の美味しそうな汁もののことです。断言します。タピオカ中毒者が次にすするのは、台湾のソウルフード「麺線」です。(嘘)

キングオブ滋味、麺線

ソウルフードって、ジャンクでオイリーなタイプと滋味溢れるタイプがあるじゃないですか。麺線は圧倒的後者。鰹出汁に魚介やモツの旨みが溶け込んだ、とろみのあるツユと、ゆるゆるの麺がタッグを組んだキングオブ滋味なのです。

まさに、飲んだあとの締めと二日酔いのランチタイムに食べたい一杯!この2つのシーンで食べたいってことは、人生を共にするも同じ。お酒が飲めて、締めに麺線が食べられる良きお店があるので、ご紹介します。

台湾料理で飲める「台湾佐記麺線&台湾食堂888」

「台湾佐記麺線&台湾食堂888」は、オリジナルの台湾料理をつまみにお酒が飲める食堂です。もちろんお酒なしも歓迎!ランチとディナーで名物の麺線が食べられ、これを目当てに遠くから足を運ぶお客さんもいるのだとか。

土日はオープン時間から満員御礼のこともある隠れた人気店で、店内はカウンターのみ。けっこう女性率が高めです。

オリジナルの台湾ハイボールで乾杯!

「台北ハイボール (580円/税抜)」

まずは紹興酒を炭酸水で割った台北ハイボールで乾杯!紹興酒って、なんだか体に良さそうでプラマイゼロ…、いやむしろプラスかもしれない。

お通しの柿の種は、乾燥とうがらしと豆豉の混ざったオリジナルです。紹興酒と豆豉の風味がマッチして、口の中が台湾!「おつまみは時間がかかっちゃうときもあるから、これで待ってて」と店長さん。


ナイスつまみ「ピータン豆腐」で一杯

「ピータン豆腐 (480円/税抜)」

麺線までの最高の道のりをたどるべく、最初に選んだのは「ピータン豆腐」。豆腐、ピータンをミックスして、干しエビなどを加えた旨味たっぷりのおつまみです。上にのった鰹節やパクチーを大胆に混ぜていただきます。


いま読まれてます
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
最強の〆料理“麺線”が美味しい「台湾佐記麺線&台湾食堂888」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます