旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

素晴らしき芸術作品。旅好きが選んだ全国の「美術館」ランキング

Array
2020/01/08

第3位 大塚国際美術館/徳島県鳴門市(昨年4位)

第3位にランクインしたのは徳島県にある「大塚国際美術館」です。こちらは大塚製薬を中心とする大塚グループが、創立75周年記念事業として設立した美術館で、1998(平成10)年3月に開館しました。

延床面積2万9,412平方メートルと、日本最大級の規模です。この美術館の特徴は、所属作品がすべて複製であること。

古代壁画から現代絵画まで約1,000点の西洋絵画を、陶板を使った特殊技術で原寸大で複製しています。陶器であるため色の劣化がなく、原寸大ですので迫力も本物同様です。日本にいながらにして世界の名画を鑑賞できる、ユニークな美術館といえます。

第2位 田中一村記念美術館/鹿児島県奄美市(昨年18位)

鹿児島県奄美市にある「田中一村記念美術館」が第2位にランクイン。田中一村(たなか いっそん)氏は栃木県出身の日本画家で、幼いころから画才を発揮しました。しかし、中央の画壇で認められず、50歳で奄美大島に移住して亜熱帯の自然を描き続けました。

この生涯や、鋭い描線と豊かな色彩を持つ画風から、「日本のゴーギャン」とも呼ばれています。美術館には一村の作品が約80点ほど展示されており、一村の画業を時代順に見られます。

第1位 ポーラ美術館/神奈川県箱根町(昨年8位)

今回のランキングで第1位に輝いたのは、神奈川県にある「ポーラ美術館」でした。ポーラ創業家2代目の鈴木常司氏のコレクションによる美術館で、2002(平成14)年に開館しました。

収蔵品は西洋画、日本洋画、日本画など約1万点。なかにはルノワールの「レースの帽子の少女」、モネの「睡蓮の池」、ゴッホの「アザミの花」などがあります。

豪華な芸術作品のほかに、美術館の周囲には長さ約670mの遊歩道があり、ブナやヒメシャラの大木の佇まいも楽しめます。

今回は、人気を集める全国の美術館ランキングTOP10をご紹介しました。美術館は絵画や彫刻などの芸術作品だけでなく、建物も見どころのひとつです。作品とあわせて美術館全体を楽しむ旅に出かけてみてはいかがでしょうか。


  • source:PR TIMES
  • image by:PR TIMES
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

素晴らしき芸術作品。旅好きが選んだ全国の「美術館」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます