旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

スープも具材も個性豊か。地元で愛される「沖縄そば」ランキング

ニッポン津々浦々
ニッポン津々浦々
2020/01/13

第7位 きしもと食堂 八重岳店/本部町

1905(明治38)年創業の老舗「きしもと食堂」が第7位にランクイン。メニューは「そば大」「そば小」、沖縄風炊き込みご飯の「じゅーしー」だけという、こだわり派。

トンコツと鰹節ベースのスープのうまみと、灰汁(アク)を使って風味を出した麺のコンビネーションが絶妙です。具はオーソドックスな豚の三枚肉とカマボコ。じゅーしーも好評ですが、1日100食の限定となっています。

第6位 田舎 公設市場南店/那覇市

第6位には、那覇市内にある「田舎 公設市場南店」が選ばれました。こちらはなんとソーキそば一杯390円という、オドロキの価格。

とてもリーズナブルですが、トンコツと鰹節でしっかりダシをとったスープ、コシのある細麺、トロトロになるまで煮込んだソーキを堪能できます。

安くてうまい」は、このお店の信条のようで、ソーキそばと並ぶ人気メニューの「てびちそば」も450円。こちらも、じゅうぶん煮込んだ豚足がのっています。

第5位 南部そば/糸満市

糸満市にある「南部そば」が第5位にランクインしました。こちらの人気メニューは店名と同じ名前の「南部そば」です。

自家製の手もみ生麺、豚骨・鶏ガラ・利尻昆布・日高昆布・鰹節・てびちとソーキを煮込んだゆで汁を使ったスープ、秘伝のタレで煮込んだてびちが織りなす味には多くのファンがいます。

ミニぜんざいのついた「ぜんざいセット」 や、他にもジューシーともずくのついたセットも用意されています。


第4位 浜屋/北谷町

第4位に選ばれた「浜屋」の人気メニューは「浜屋そば」です。あっさり塩味のスープに、たんねんに煮込んだ軟骨ソーキと薄焼き卵。ソーキは薄味で、薄焼き卵も味をつけていないので、シンプルな美味しさがあります。


てびちそばとジューシーのセットも人気メニューのひとつです。ぷるぷるした食感のてびちが丼を覆わんばかりのボリューム感。ひじきを炊き込んだジューシーは栄養満点です。

本業は某百貨店などのグルメ系イベント企画。日本全国をめぐりすぎて詳しくなってしまったため、紙・Webなど幅広くグルメ・旅行ライターをやっています。

株式会社和心 いつか夢みた、着物デート。新たな彼の一面を知った金沢旅
スープも具材も個性豊か。地元で愛される「沖縄そば」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます