旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

おでん×クラフトビールが珍しい!「KARAKURI」に行ってきた

nomooo(ノモー)
nomooo(ノモー)
2019/12/28

nomooo12月の特集は「おでん」。すっかり冷え込むこの季節は、熱々のおでんをつまみにお酒を飲みたいものですよね。今回は、おでんと一緒にクラフトビールが味わえるという「KARAKURI -Craft Beer & Oden & Sake-」へ行ってきました!

ビジネスマンの街にあるスタイリッシュなおでん屋さん

「KARAKURI -Craft Beer & Oden & Sake-」があるのは、神田駅から徒歩2分。ビルの入り口から階段を下った地下に、昨年6月から看板を構えています。

店内は、テーブル席とカウンター席を合わせて29席。ビジネスマンの街とあって、平日の18時半〜21時くらいが、特に混み合う時間帯だそう。

お客さんの年齢層は20後半〜40代と広めで、常連さんには男性が多いものの、おでんは女性にも人気で、男女比は半々くらいのようです。

ちなみに、店内の随所に「歯車」がモチーフの飾りがちりばめられています。忍者屋敷みたいでかわいいので、ぜひ探してみてくださいね!

通いたくなる!随時入れ替わるクラフトビールと日本酒のラインナップ

「KARAKURI -Craft Beer & Oden & Sake-」では名前のとおり、常時7種類のクラフトビールが楽しめます!カウンターの中に、とってもオシャレなビールサーバーを発見!

タップのハンドル部分は、すべて手作りなんだそう!ビールは海外産・国産と幅広く揃えており、樽が空くごとに入れ替えているんだとか。2度目、3度目、と訪れるたびに新しい味を試せるのはビールファンのみならず、ビールに詳しくない人にとっても嬉しいですよね。

クラフトビール激戦区・神田

実は神田の街は、クラフトビールの激戦区。ただ、どのお店も仲が良いいので、クラフトビールを扱う15店で協力して「クラフトビールマップ」を作ろうとしているところなんだとか。

小さなお店や来春できる予定のお店も含めると、さらに多くのクラフトビールのお店があるそうなので、これからの発展が楽しみですね!!


ということで、今回私がいただいたクラフトビールはTokyo Ale Worksの「 Back to Basics: The Kolsch(バックトゥ ベーシック ザ ケルシュ )1PINT(1,000円/税抜)」。スッキリしていて飲みやすく、ほのかにフルーティーな香りも楽しめました。おでんとビールって、やっぱり合いますね〜!

おでんといえば……これも欠かせない⁉こだわりの日本酒も

随時入れ替わる10種類の日本酒もまた、クラフトビールに並ぶ人気メニューです。こだわって選ばれた、全国各地の日本酒を味わえます。こちらは「木戸泉 矢島酒店別誂 特別純米 無濾過生原酒 一合(1,210円/税抜)」。ビールもいいけど……やっぱり日本酒×おでんのペアリングも最高ですね!!

メニューには、ビールを150mlずつ3種類選べる「ビアフライト」、日本酒を50mlずつ3種類選べる「酒フライト」、両方から3種類選べる「カラクリフライト」といった、飲み比べセットもあります。あれもこれも飲んでみたいという方は、フライトを頼んでみては?

今話題の〇〇サワーも美味い!!

さらに、ほかにも気になるドリンクがたくさん!先ほどのビアサーバーからは、オーガニック茶葉とオーガニック砂糖を発酵させてつくる発酵ドリンク「コンブチャ(樽生)」も出てきます。こちらもフレーバーを随時替えているそうで、私が訪れたときは「チャイ」フレーバーのコンブチャが繋がれていました。

また、自家製の「レモンサワー」も人気で、常連さんに「レモンサワー屋さん」と呼ばれることもあるのだとか(笑)どんな味なのか……来てからのお楽しみです!

nomoooは、「新しいお酒のトレンドを創る」を ミッションにした、お酒専門メディアです。
「あなた × お酒をもっと楽しく」をコンセプト に、都内を中心に、味のある酒場や、お酒が楽し くなる飲み方などを紹介しています。

SoftBank光 SB光への乗り換えで3.8万円キャシュバック&他社違約金も満額還元中!
保険見直し本舗 プロが無料で教える!無駄な保険をリストラしつつ保障を維持する方法
おでん×クラフトビールが珍しい!「KARAKURI」に行ってきた
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます