旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

広大な海の魅力を再発見。水中写真家がシャッターを切った瞬間

とても気持ち良さそうに、すいすいと海の中を泳ぐ生き物たち。海のなかには多種多様な生物が生息しており、国や地域によって見える景色はさまざま。

今回は、世界の海で出会った、生き物たちの貴重な水中写真をお届けします。

「海中散歩」で出会った新たな海の世界

バリ・インドネシア image by:鍵井靖章

お天気雨になって水面に微妙な模様が…これはチャンス!だと頑張って絵作りした。でも…どうだろ…この構図私の意思が見え過ぎ…のような…うむ…(苦笑)

インド image by:鍵井靖章

写真は10年ほど前に撮影したインドの泳ぐ象さん。ラジャンという名前で当時、70歳。ということはいま80歳。まだ長生きしてるかな?さすがにもう泳いでないと思うけど(笑)

鳥取・田後 image by:鍵井靖章

鍵井は暖かな海で撮影をしていますが…日本の海では、冬のダンゴウオのシーズンがもうそろそろ始まりますね。寒さを忘れるほどの小ささとキュートさを持ち合わせてる!

また会いに行こうと思います(笑)

葉山・芝崎海岸 image by:鍵井靖章

潜りに行って撮影したこの1枚、どこだと思います?撮影していて、これモルディブか?と思っちゃった(笑)

透明度も高くていろんな意味でとても充実した1ダイブだった。だから年内もう1回と思ったけど、この日で潜り納めにした。何がそんなに良かったか?ですが…また講演会などで聞いてほしい。

逗子 image by:鍵井靖章

葉山を中心に10年ほど相模湾を潜っているけど、少し沖合に行くだけで全然違う景色があるのですね。今回の逗子で体感…(笑)


海はやっぱり面白い!

  • image by:鍵井靖章
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

毎日、決まった時間に海の写真を1枚お届けします。
毎朝7時に、1日の始まりの活力の源として、写真集を開くという特別な時間ではなく、皆さんの手のひらの中で、日常的に海の癒し写真作品を楽しんでいただけます。

広大な海の魅力を再発見。水中写真家がシャッターを切った瞬間
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます