旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

練り物屋さんの夜限定立ち飲み「塚田のおでん屋さん おだし」で一人呑み

nomooo(ノモー)
nomooo(ノモー)
2020/02/01

酒場は教会やお寺に似ている。お酒をたたえ、ときに悲しみを分かち合い、誰かの懺悔を許し合い、ともに喜びを唄う。というと、いろんな宗教の方からお叱りを受けることでしょう。ただ酒場はそういいたくなるくらい、人に寄り添ってくれる不思議なパワーを持っています。

お酒信者の私には聖地と呼びたいお店が多々ありますが、初心者はちょっと足を踏み入れにくいはず。女子ひとりでもふらりと入れて、酒場の魅力を感じられる立ち飲みおでん屋を紹介します。

創業70年以上の練り物屋がはじめた、立ち飲みおでんや「塚田のおでん屋さん おだし」

立ち飲みおでんや「塚田のおでん屋さん おだし」は、2019年にできたばかり。吉祥寺に通う人は「あれ?」と思ったでしょう。

そう。ここは、吉祥寺駅すぐの商店街ダイヤ街。70年以上練り物屋さんを営む「塚田水産」の営業時間が終わったあと、夜だけひっそりと営業しているお店なんです。

老舗練り物屋さんと新しい立ち飲みおでんやさんの二毛作

19時開店の「塚田のおでん屋さん おだし」は、「塚田水産」が18時に閉店するとともに内装を変えて、おでん鍋をセッティング。開店準備がはじまります。※「塚田水産」の閉店時間により変動あり

ひっそり営業といいつつ、開店とともにお客さんが集まります。「前より、だいぶおでん屋さんらしくなったよね」と古くからのご常連。

実は、「塚田水産」は7年前から少し離れた場所で直営店と明かさず、おでん居酒屋を営んでいたのだそう。そのお店が、この場所に移転し、営業するようになったのだとか。前の場所は狭く、5人入れば満員の狭小店舗だったんですって。

新しいお店は明るく、店長さんは女性。老舗と新しいお店の合いの子のような雰囲気で、一見でも入りやすい。

いざ、一人呑みの始まり

ひとまず一杯目は、ゴクッと飲み干せる「プレミアムモルツ(500円/税込)」。おでん以外にもサク飲みにちょうどいい酒のつまみがそろい、どのルートでおでんに向かうか思案します。



昆布出汁のきいた「鱈白子の昆布焼き」

いただいたのは、昆布の上に白子をのせてトースターで焼き上げた「鱈白子の昆布焼き(600円/税込)」

昆布出汁がしみ出て、蕩ける白子の旨味に奥深さを添えています。鼻から昆布の磯っぽい香りが抜けて、日本酒が欲しくなってきました。

nomoooは、「新しいお酒のトレンドを創る」を ミッションにした、お酒専門メディアです。
「あなた × お酒をもっと楽しく」をコンセプト に、都内を中心に、味のある酒場や、お酒が楽し くなる飲み方などを紹介しています。

SBIネオモバイル証券 「Tポイントで株を買う」資産運用術とは?ポイ活の新しい出口戦略
SoftBank光 SB光への乗り換えで3.8万円キャシュバック&他社違約金も満額還元中!
保険見直し本舗 プロが無料で教える!無駄な保険をリストラしつつ保障を維持する方法
練り物屋さんの夜限定立ち飲み「塚田のおでん屋さん おだし」で一人呑み
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます