旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

職人の味が一貫100円!最強立ち食い寿司酒場「にぎにぎ一(いち)」

nomooo(ノモー)
nomooo(ノモー)
2020/02/05

最近、お酒好きのなかで寿司酒場がアツい!とまことにしやかにつぶやかれています。回転寿司屋でチューハイ、町の寿司屋で一杯、高級寿司で一献……。

盛り上がる寿司談義のなかで、複数人が「あそこ、美味いよね」と証言した“アノ”お店に行ってきました。

飲み屋激戦区・中野のセーブポイント「にぎにぎ一」

その名も「にぎにぎ一(いち)」!!同店は西荻窪をはじめ、八重洲、新川など5店舗を展開するお店です。「にぎにぎ一 中野本館」は居酒屋激戦区にある立ち食い寿司店。店内は5人入れば満員、夜風を感じて飲める外席は7席のこぢんまりしたお店です。

景虎(500円/税込)

カウンターには、ほろ酔いの先客がひとり。手はじめに「景虎」をいただきます。下のお皿までなみなみと注がれ、美しい表面張力。口を寄せて、そっと吸い込みます。

「刺身3種盛り」のクオリティが高すぎる……

刺身3種(1,200円/税込) 左から、へ鯛・鯨・〆さばの3種類

気軽に注文した「刺身3種」がこのクオリティ。この時点で、ウワサ通りの名店だということがうかがいしれます。身の引き締まったへ鯛、脂がのってほどよくシメた〆さば。

「予想外のことが起きて言葉が出ない…」を立ち食い寿司屋で体験することが起きようとは。寿司を食べる前から、ノックアウト寸前です。

「クジラはミンククジラの塩漬けを塩抜きをしてから、燻製にしています。オリーブオイルで食べるといいよ」と大将。スモーキーな香りとぎゅ〜っと凝縮した旨味がお酒を促進。

とびきりのネタが3貫で500円の「大将のおまかせ握り」

アジやイワシなど一貫100円からいただけるお寿司もあり、安ウマ寿司の真価を問いたい!と上から目線だった私ですが、そんなの関係ない。ここは大将のオススメに従って、美味しいものを食べるべし。

大将のおまかせ握り3貫(500円/税込) 左から、ホッキ貝、平目、コハダの3種類

お寿司は、あらかじめネタにあったお醤油などが塗られてやってきます。どれも旬をおさえたネタで、細かな手仕事が光ります。


赤酢を使ったシャリがホロリと口のなかでほどける…。大きすぎず、小さすぎずのシャリのサイズも飲みのツマミに合うんです。

nomoooは、「新しいお酒のトレンドを創る」を ミッションにした、お酒専門メディアです。
「あなた × お酒をもっと楽しく」をコンセプト に、都内を中心に、味のある酒場や、お酒が楽し くなる飲み方などを紹介しています。

職人の味が一貫100円!最強立ち食い寿司酒場「にぎにぎ一(いち)」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます