旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

挑戦したい! 京都の野菜料理(万願寺唐辛子、京ラフラン)の簡単レシピ

Array
2020/05/16

毎日の食事作り、みなさまどうされていますか? たまには違うメニューを取り入れたい思うことありますよね。そこで5月に食べたい野菜料理を2回にわたってご紹介!

京都市内の飲食店で腕を振るう薬膳アドバイザー・鈴木大河さんに、旬の野菜を使った身体にやさしいおすすめ料理を教えてもらいました。白ご飯もお酒もイケるメニュー、今晩の食卓にいかがですか?

5月のおすすめの料理

【メニュー】太字は今回作る料理

◎万願寺唐辛子の肉詰め煮
◎京ラフランとキノコのお浸し
◎加茂茄子のきんぴら
◎鳥羽唐柿(とばとうし)とツナの丸ごと煮(※写真はミディトマト)

5月は紫外線が強くなり、日焼けをしたり体に熱がこもりやすい季節。また梅雨に入り湿気もあるので体の中が滞りやすくなります。そこで今回は消化を助け食欲増進、そして日焼け対策にもなるレシピをご紹介します。

万願寺唐辛子の肉詰め煮

舞鶴市生まれの唐辛子「万願寺唐辛子」は唐辛子なのに辛みはなく(たまにハズレがありますが)、肉厚で甘さとやわらかなのが特徴です。5月から~10月下旬まで出回ります。 

【材料(2人分)】

万願寺唐辛子2本
a鶏ミンチ80g
a白みそ 大さじ1
a薄口醤油 小さじ1
a酒 小さじ1
a塩 少々
aこしょう 少々
bだし300
b薄口醤油 大さじ1
bみりん 大さじ1
bすりおろし生姜 小さじ2
b塩 少々
小麦粉 少々
糸カツオ 少々
※基本となるだしは1リットルの水に5gの昆布と6gの削り節で作っています。

【作り方】


① aをボールに入れて粘りが出るくらいまで混ぜる
② 万願寺唐辛子を縦半分に切り、種を取り除く(この種を①に混ぜ込んでもよい)
③ ②の内側に小麦粉を振り、①を詰めて、縦半分をくっつける(元の万願寺の形に戻す)
④ ③の肉詰め万願寺を、b全部合わせた汁に入れて7分ほど煮込む
⑤ 器に盛り、お好みで糸カツオをかけて完成

POINT】

万願寺唐辛子は体の中にたまったものを発散させる作用があり、食欲増進にもプラス。また、鶏肉は胃腸に優しく体を温め、消化を助ける効果がありますよ。

挑戦したい! 京都の野菜料理(万願寺唐辛子、京ラフラン)の簡単レシピ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます