旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

【漫画】目の前にいるのに?ニュージーランドのちょっと不思議なテイクアウト

日本では新型コロナウイルスの影響により、街中のお店に変化が起きていますよね。短縮営業やテイクアウトのみなど、さまざまな対応がされていますが、ニュージーランドでもテイクアウトで営業しているお店があるようです。

テイクアウトでもさまざまな方法があるかと思いますが、今回はニュージーランドののどかな田舎町ならではの「ちょっと不思議なテイクアウト・システム」が生んだほっこりバナシをご紹介します。

ニュージーランドのちょっと不思議な「テイクアウト・システム」

image by:マーティンゆう

外出自粛の日本も同じですか?レベル3になって、ようやくテイクアウトができるようになったのですが、上の漫画の通り「電話で注文してから」「ピックアップの時間を予約」しておかなくてはならないそうです。

私にはちょっとハードルが高かったので、まだ一度もしてません(そこまでしてテイクアウトで食べたいものはないので)。

で、それを知らないマカロンさんや前に到着したかた。現場で、しかも会話が充分聞こえる距離で「電話注文」というシステムに沿わなくてはならなかったそうです。個人情報をその場にいた全員にお知らせしながら…。

とはいっても、ニュージーランドの田舎でそんなことを気にする人はほぼ皆無なので、ご近所さん同士の井戸端会議に花が咲いたそうです。平和っていい!

コロナの影響で売り上げアップのアイテムNo.1は?

image by:マーティンゆう

なんと!「ヘアカラー剤」が2019年の4月と比較して、倍以上の売り上げだったそうです。白髪染めの人もいらっしゃるんでしょうが、多分「地毛の色をさりげなく隠しておきたい」女性も少なくないんじゃないかなあ。と、このニュースを見たとき思いました。違うかもしれませんが。

そんな美容院もそろそろ再オープン。いつ予約がとれるかな。しばらくみんな殺到して、無理だろうな~。

  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

羊の国はニュージーランド、女一人で小さなファームをはじめました。犬と猫を筆頭に、外には羊たち。そのうえ凶暴なアヒルと気の強いニワトリたちが加わって、羊の国は苦労だらけ!?ブログでは公開できないあんな苦労やこんな苦労、このメルマガで全て語ります。苦労は買ってでも読め?

【漫画】目の前にいるのに?ニュージーランドのちょっと不思議なテイクアウト
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます