「ひんやり&つるん」な京都の夏スイーツ

Array
2020/08/04

産学共同開発の夏にぴったりな「新触感 飲むゼリー」

京都黒豆屋の京じゅれ(南丹市)

黒豆や柚子、甘酒の3種類が揃う京じゅれ

京都黒豆屋が販売する「京じゅれ」は、京都の女子大学と共同開発した「新触感飲むゼリー」。丹波高原産の黒豆を使用し、素材本来の濃厚な風味と程良い甘さを楽しめるのが特徴的です。

定番の黒豆やさっぱりとした後味が心地良い柚子もおすすめなのですが、この季節にぜひ味わっていただきたいのが甘酒。甘酒と聞くと冬を思い浮かべるかたが多いかもしれませんが、実は昔から夏によく飲まれており、俳句の季語でも「夏」に分類されているんです。由良川の源流で育まれたキヌヒカリを使用。無添加で飲みやすい仕上がりとなっています。

こちらの商品は、京都森の農園直売所(地域の店ぴーぷる)や近隣の道の駅の他、電話やFAXでも購入可能です。

■■INFORMATION■■

株式会社京都黒豆屋(旧農業組合法人グリーン日吉)
TEL:0771-72-1244(受付時間 8:30~17:00)
FAX:0771-72-1246
住所:京都府南丹市日吉町保野田島田20-1 

京都黒豆屋公式ホームページ

注目のスーパーフードを使ったジェラート

杜若園芸(とじゃくえんげい)の京の蓮の実粉入りジェラート(城陽市)

後味サッパリのしお味など3種類から選べるジェラート

「スイーツが大好き!でもカロリーが気になる」というかたにおすすめするのが、城陽市の杜若園芸が販売する「京の蓮粉入りジェラート」です。「え!蓮って食べられるの?」と驚きのかたも多いと思いますが、実は中国では古くより美容と健康を保つためによく食べられているのだとか。

こちらが蓮の実。ブルーベリーによく似ていますね

元々、生け花用の蓮を栽培していた同社。何か人のお役に立てる使い道はないかと京都府立大学と共同研究したところ、蓮の実にはブルーベリーの約4倍の抗酸化作用があることを発見。スーパーフードともいえる蓮をぜひ多くの人の食生活に取り入れてほしいと、蓮のお茶やソバとともに、ジェラートを販売するようになったのだそうです。

奥行きのある甘さの抹茶味も人気!

もちろん、ジェラートとしての味も美味!沖縄県宮古島の地下海水から作られるミネラル豊富な塩を用いたこだわりのしお味、京都産の上質な抹茶100%を使用した抹茶味、さらに、糖度15度以上の奈良県産いちご「古都華(ことか)」の甘さがうれしいいちご味の3種類を用意。杜若園芸内の生産直売店もしくは電話や公式HPからも購入可能です!


■■INFORMATION■■

杜若園芸(とじゃくえんげい)
TEL:0774-55-7977(平日9:00~17:00)
住所:京都府城陽市寺田庭井108-1
営業時間:9:30~16:30(生産直売店)※無休

株式会社杜若園芸公式ホームページ

夏のお持たせにも最適!大粒な丹波の小豆を使った夏の和菓子

菓匠 宮代屋のあずき蔵(綾部市)

ひんやり涼しいあずき蔵

JR綾部駅から歩くことおよそ7分。菓匠 宮代屋は、丹波大納言小豆や栗、丹波黒豆などのふるさと、丹波の地の利を活かした、良質な「厳選素材」を使用。季節感あふれる和菓子を提供するお店です。

店主が「夏の丹波を代表するお菓子を作りたい」という思いで制作した「あずき蔵/370円」は、大粒丹波あずきを贅沢に使用。工房にて一品ずつ丁寧に作っています。お日持ちも約1カ月とのことで、夏のお持たせや贈りものにも最適。6個から箱詰めが可能です。

見ているだけで暑さを和らげてくれる丹波涼水菓 青梅

またほかにも、香り高いブラジルコーヒーをわらび餅に練り込んだ「珈琲わらび餅/420円」や、黄金色でまろやかな自家製梅酒を贅沢に使用し、美味しい青梅ゼリーに仕立てた「丹波涼水菓 青梅/300円」、由良川の若鮎を焼き生地とお餅で表現した「由良川の若鮎/200円」など、夏ならではのお菓子を豊富にそろえています。店舗を訪れてぜひお買い求めください。

■■INFORMATION■■

菓匠 宮代屋
TEL:0773-42-0309
住所:京都府綾部市宮代町宮代29
営業時間:9:00~19:00 ※日曜のみ~18:00
定休日:月曜(祝日の場合は営業)

菓匠 宮代屋公式ホームページ

  • source:KYOTO SIDE
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

WebSite

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
「ひんやり&つるん」な京都の夏スイーツ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます