旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

穴場アリ。地元民がオススメする「札幌市内」の観光スポット5選

Array
2021/06/25

四季折々の壮大な自然や絶品グルメが楽しめる北海道旅行。見どころがたくさんあるので、旅の拠点を札幌に置きつつ「どうせなら函館に行きたい!」となると、移動で1日…。「旭山動物園も行ってみたい!」となればこちらも移動で1日を要します。

本州に住んでいるとなかなか見当がつかない移動距離ですよね…!

せっかくの北海道旅行をしっかり満喫するには、旅の拠点から移動時間がかからない札幌中心地を攻略しておく必要があります!

そこで今回は、札幌出身である筆者が、移動前の早朝の時間帯やディナー後など、旅の行程のスキマ時間を使って気軽に楽しめる「札幌中心地の観光スポット」を5つ厳選してご紹介します。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

北海道神宮/円山公園駅

image by:遠藤チサト

札幌の中心地にある人気のパワースポット「北海道神宮」は、開拓期である1871(明治)4年から北の大地の発展を見守り続けている歴史のある神社です。

市街地「大通駅」から地下鉄東西線で3駅の「円山公園駅」にあり、アクセスの良さから多くの観光客が訪れるスポット。緑豊かな円山公園と隣接しており、四季折々の自然を同時に楽しむことができます。

image by:遠藤チサト

北海道の国土の神様である「大国魂神(おおくにたまのかみ)」、国土経営・開拓の神様「大那牟遅神(おおなむちのかみ)」、国土経営・医療・酒造の神様「少彦名神(すくなひこなのかみ)」、近代日本の礎を築かれた天皇「明治天皇」の四柱の神様を祀っており、商売繁盛・交通安全・金運・恋愛運・縁結びなどにご利益があるといわれています。

image by:遠藤チサト

北海道神宮にはさまざまな参拝コースがあるのですが、オススメは円山公園から雑木林を抜けて「公園口鳥居」をくぐり、本殿へとお参りするコースです。地下鉄の駅から訪れるのならこのコースが1番スムーズです。

タクシーを利用して訪れる場合は本殿へまっすぐ伸びる表参道にある大きな鳥居「第二鳥居」に案内されることが多いのですが、こちらの鳥居は「縁切りのご利益」があるので、カップルやご家族で参拝に行く際には一人ずつくぐるように注意が必要です。


image by:遠藤チサト

参拝後は本殿付近にある「六花亭神宮茶屋」で休憩しましょう。ここでしか食べられない焼き餅「判官さま」(100円)と温かいほうじ茶(無料)をいただくことができますよ。

円山公園を散策したり、2018年に大幅リニューアルされた円山動物園も徒歩圏内ですので、時間がある方は立ち寄ってみるのもいいかもしれません。北海道随一のパワースポットで身も心もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

  • 北海道神宮
  • 札幌市中奥区宮ヶ丘474
  • 011-611-0261(北海道神宮社務所)
  • 円山公園
  • 無料
  • 夏期 6:00〜17:00、冬期 7:00〜16:00 ※期間により異なる ※正月期間は別途
  • http://www.hokkaidojingu.or.jp/

二条市場/大通駅

image by:遠藤チサト

札幌の市街地である「大通」にある「二条市場」。北海道各地から集まる新鮮な魚介を市場価格で楽しめることから、観光客はもちろん地元民にも愛されるスポットです。

二条市場は、125年以上の歴史ある市場で、現在約15店舗の鮮魚店や水産会社が立ち並びます。カニホタテなど北海道に来たなら味わいたい海の幸がずらり!見ているだけでも鮮やかで楽しく、観光気分を盛り上げてくれます。

市場内には寿司屋や海鮮丼、炙り焼きの店など6店舗ほどの飲食店があるので、新鮮な魚介を食べたい方は食事に訪れるのもオススメです。

通りに面した店舗だけでなく、屋内にも店舗があるので食べ歩きしながらじっくり回るのも楽しいかもしれません。

image by:遠藤チサト

二条市場といえば海鮮をイメージしますが、実は市場内には野菜や果物を取り扱うお店もあります。夕張メロン甘いトウモロコシなど、旬の青果物もぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

image by:遠藤チサト

鮮魚はもちろんですが、干物や海産加工品などを販売する店も多数あり、多くの店が発送手配もしているので、お土産を購入することも可能です。

二条市場は、午前7時から午後6時までの営業で、飲食店街は午前6時から営業しています。さまざまな旅の予定の合間に滑り込みで気軽に訪れることができるのも嬉しいポイントです。

  • 二条市場
  • 札幌市中央区南3条東1丁目〜東2丁目
  • 011-222-5308
  • バスセンター前
  • 定休日は店舗により異なる
  • 7:00〜18:00(飲食店街は6:00〜21:00)
  • http://nijomarket.com/

大通公園/西11丁目駅〜大通駅

image by:遠藤チサト

大通公園」は札幌の中心部に位置しており、大通西1丁目から大通西12丁目まで東西約1.5kmに渡って広がる市民公園です。

名称は“公園”ですが、実は1871(明治4)年に札幌中心地に造られた火防線が後志通という道路になり、改称されて「大通公園」になった歴史があります。

「さっぽろ雪まつり」や「YOSAKOIソーラン祭り」、「さっぽろ大通ビアガーデン」など、四季折々のイベントが催される公園で、地元民なら誰でも1度は訪れたことがある憩いの場です。

image by:遠藤チサト

例年4月下旬から10月中旬までは名物「とうきびワゴン」が登場し、道産の甘い「とうきび(とうもろこし)」(300円)を食べ歩きすることもできます。

特に「西1丁目〜西4丁目」には、さっぽろテレビ塔、美しい花壇、キラキラ輝く噴水などが集まり、大通公園の“メイン”といえます。全てを回る時間がない方も、ここだけは押さえて見てくださいね。

日中の清々しい公園の雰囲気にも癒されますが、夜もライトアップされる噴水やテレビ塔が幻想的です。札幌駅、狸小路、すすきのなど主要スポットまで徒歩圏内ですのでディナーを済ませた後に散歩で訪れるのもオススメですよ。

  • 大通公園
  • 札幌市中央区大通西1丁目〜12丁目
  • 011-251-0438
  • 大通、西11丁目
  • https://odori-park.jp/

さっぽろテレビ塔/大通駅

image by:遠藤チサト

大通公園の出発地点である西1丁目に位置する「さっぽろテレビ塔」。1957(昭和32)年に完成した電波塔で、札幌のランドマーク的存在として地元民に愛されています。

展望台からは360度札幌のパノラマ風景を楽しむことができます。真っ直ぐに伸びる「大通公園」を展望台から見下ろす景色は圧巻です。

天気がよければ札幌周辺の山々や日本海を見渡すこともできます。特に雪まつりやホワイトイルミネーションが開催される冬の夜景は必見です。

image by:遠藤チサト

夜のさっぽろテレビ塔は、一定のスケジュールで様々な色にライトアップされ、ロマンティックな雰囲気が漂い地元民のデートスポットとしても人気が高いです。

閉館後の30分間展望台を貸切にすることができる特別プラン(2名1万円〜)もあるので、特別な思い出作りをしたい方はぜひ利用してみてください。

  • さっぽろテレビ塔
  • 札幌市中央区大通西1丁目
  • 011-241-1131
  • 大通
  • 展望台は大人800円、小・中学生 400円、他
  • 臨時の休業日あり
  • 9:00〜22:00 ※時期、イベントにより異なる
  • http://www.tv-tower.co.jp/

狸小路商店街/大通駅

image by:遠藤チサト

狸小路商店街」は、札幌市の大通とすすきのの間にあるアーケード商店街です。狸小路1丁目から7丁目まで東西約1kmにわたり、約200店が軒を連ねます。

サクッと食事できるスープカレー店から、オシャレな居酒屋、地元の味を楽しめる昔ながらの小規模な飲食店が並ぶ狸小路市場などグルメもちろん、お土産をまとめて購入できるお店も。

さらに24時間営業の温浴施設(女性専用)も立ち並ぶため、観光客にとっても便利なスポットです。

image by:遠藤チサト

ディナーは「すすきの」で! という観光客が多いですが、すすきのは夜の歓楽街のためランチ営業していないお店もチラホラ…。狸小路はランチ営業しているお店が多いので、ランチするお店は狸小路で探すのがオススメですよ。

ちなみに狸小路商店街は1丁目から7丁目までとされていますが、続く8丁目には「狸小路8丁目商店街」という別の商店街が存在します。

こちらには、古民家や古いビルをリノベーションしたセレクトショップカフェが多く、「映える」と、地元民の間で話題。少し足を伸ばして札幌の最新スポットものぞいて見てはいかがでしょうか。

  • 狸小路商店街
  • 札幌市中央区南2・3条西1丁目〜7丁目
  • 011-241-5125(札幌狸小路商店街振興組合)
  • 大通
  • 店舗により異なる
  • 店舗により異なる
  • https://tanukikoji.or.jp/

札幌の観光地といえばかつては「札幌市時計台」や「北海道庁旧本庁舎」などが定番でしたが、札幌市内には地元民に愛され、観光客も楽しめるスポットが多数存在します。

よりローカルの雰囲気を味わえるスポットで札幌を身近に感じて、素敵な思い出を作ってくださいね。

  • image by:THONGCHAI.S/Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

北国生まれのAB型。インスタ映えに命をかけるミーハー女子。デートで「何食べたい?」と言われたら必ず「お肉」と回答。トレンドに忠実に楽しいことばかり選択するゆとりライター。

穴場アリ。地元民がオススメする「札幌市内」の観光スポット5選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます