旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

自然が魅せる魚たちの住む世界。一瞬しか見られない水中の「絶景写真」

広大な海の中には、色とりどりの多様な生き物が暮らしています。地域や国によって生息している生き物は実にさまざまで、同じ場所を訪れても同じ景色が見えるとは限りません。

今回は、そんな一瞬をとらえた貴重な絶景写真をお届け。沖縄県の阿嘉島を中心に、水中を自由に泳ぐ魚たちの姿に癒されてみてくださいね。

時間をも忘れてしまう…心奪われた海の世界

撮影地 阿嘉島 image by:鍵井靖章

新しい撮影方法を習いしました。すごい楽しかったです。いろいろと可能性はありますね。

撮影地 阿嘉島 image by:鍵井靖章

ここのポイントはサンゴがとても美しくてお魚もたくさんいてマクロレンズで撮影して、少しサンゴの下を覗いてみると可愛い子たちと小さなにらめっこ。

撮影地 阿嘉島 image by:鍵井靖章

この光を撮影したのはほんの3分ほど。ほかのダイバーもいるしこの光を独占はできない。それでも撮影している時間は随分と長く感じた。一瞬一瞬の光を撮影をしているだけなのにこの光の前にいると、永遠の時間と錯覚することができた。

撮影地 阿嘉島 image by:鍵井靖章

朝のダイビングはべた凪のお陰で海底まで光が届いてとても美しく、でもその光はエアーを履くと自分の上の水面が揺らめくのでなくなってしまう。だからたくさん息を止めて光の揺らめきの出現を待って撮影。意外と大変なんです…。

撮影地 フィリピン トゥバタハ image by:鍵井靖章

毎年「しあわせのうみ」というカレンダーを製作してもらっている。そのほかにも企業カレンダーというのがあって、めちゃ良ければ私だけの写真で1年間。

またはいろんな作家が参加して7枚綴りの2カ月分の1枚だけの場合がある。昨日はその7枚綴りの1枚だけのが採用になった。添付の写真が決定したものです。

それは9年前の写真集「海中散歩」に掲載されていた1枚。10年以上前の作品。


良い作品を撮影していると繋がっていきますね…と書くとこの「まいにち海中散歩」を読んでくださっているかたからすてきな連絡をいただいた!!!未決だけど気持ちだけでも十分嬉しい!

  • image by:鍵井靖章
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

毎日、決まった時間に海の写真を1枚お届けします。
毎朝7時に、1日の始まりの活力の源として、写真集を開くという特別な時間ではなく、皆さんの手のひらの中で、日常的に海の癒し写真作品を楽しんでいただけます。

自然が魅せる魚たちの住む世界。一瞬しか見られない水中の「絶景写真」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます