旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

夜の京都観光を楽しむ。秋の夜長にぴったりなスポット&イベント

Array
2020/10/14

日が落ちるのが早くなり、夕暮れには虫たちが鳴き出す季節になりました。そんな夜にはいつもとはちょっと違う過ごし方をして、秋の夜長を満喫してみたいものですよね。

そこで今回は、夜をロマンチックに楽しむことができる、京都府内の秋のナイトスポット&イベントをご紹介します!

絶景の海岸や温泉街が優しい光に包まれる

魔法のトキがここに 夕日ヶ浦 うみ×まち灯り(京丹後市)

京丹後市網野町の夕日ヶ浦海岸は、水平線の向こうへと沈んでゆく夕日の美しさから「日本の夕日百選」に選ばれた絶景スポット。砂浜には、自然のままの形を残した木で作られた可愛らしいビーチブランコ「ゆらり」が設置されており、フォトジェニックなスポットとして人気です。

夕日の丘公園にあるモニュメントと夕日ヶ浦海岸の夕焼け

実は、美しい夕日が沈んだあとの、夜のビーチもオススメなんです。新型コロナウイルスの早期終息の願いが込められたイベント「魔法のトキがここに 夕日ヶ浦 うみ×まち灯り」の期間中は、ビーチブランコ「ゆらり」がライトアップされ、ロマンチックな雰囲気に。

広い海を一望できる夕日の丘公園に今年設置された「YUHIGAURA」のモニュメントもライトアップされ、夕暮れや夜の海に映えます!

また、期間中限定で、LEDライト付きのSUPで海上から美しい夕日を満喫することができる「サンセットSUP体験」も行われますよ。

2019年のキャンドルナイト

さらに、10月17日(土)・25日(日)には、広いビーチに無数のキャンドルが!優しい光が揺らめく様と波の音に、思わずうっとりしてしまいそう…。

また、夕日ヶ浦温泉街では軒先に温かな灯りの提灯が吊り下げられ、風情ある景色が楽しめます。宿泊者には、手持ち提灯の貸し出しもありますよ。

【開催データ】


魔法のトキがここに 夕日ヶ浦 うみ×まち灯り
開催期間:10月17日(土)〜11月1日(日)
※キャンドルナイトは10月17日(土)・25日(日)17:00〜20:00ごろ開催
料金:無料
場所:夕日ヶ浦海岸(京都府京丹後市網野町浜詰)
交通アクセス:京都丹後鉄道「夕日ヶ浦木津温泉」駅から徒歩約25分、京都縦貫自動車道「京丹後大宮IC」から車で約35分
問い合わせ:0772-74-9350(夕日ヶ浦観光協会)

船上で夜風を感じる優雅なひとときを

天橋立ナイトタイムクルーズ(宮津市)

秋の夜をちょっと優雅に楽しみたいというかた、日本三景の一つとして知られる天橋立周辺をゆくナイトクルーズはいかがでしょう?天橋立桟橋を出発し、天橋立運河を通過、宮津湾へと周遊する約40分間の海の旅です。

船上では、バンドによる生演奏を予定。開放的な景色と相まって、非日常な雰囲気を盛り上げてくれます。さらに船から、スカイランタンの打ち上げも予定!映画の世界に入り込んだような幻想的な景色が楽しめますよ。

【開催データ】

天橋立ナイトタイムクルーズ
開催日時:10月3日(土)・4日(日)・10日(土)・11日(日)20:00〜20:40
※台風など天候状況により、事前または当日に中止となる場合がありますので予めご了承ください。
定員:30名 ※先着順
料金:1,000円
集合場所:天橋立桟橋前(京都府宮津市字文珠466) ※19:50までに要集合
交通アクセス:京都丹後鉄道「天橋立」駅から徒歩約5分
予約・問い合わせ:0772-42-0323(丹後海陸交通株式会社)

暗闇に美しく浮かび上がるレトロ建築群

舞鶴 赤れんが倉庫群ライトアップ(舞鶴市)

舞鶴市には、旧海軍舞鶴鎮守府の開庁以降、明治期から大正期にかけて建てられた赤れんがの建造物が数多く残っています。

なかでも、旧海軍の軍需品や水雷などの保管庫として1902(明治35)年ごろに建てられた北吸地区の赤れんが倉庫群は、全12棟のうち8棟が国の重要文化財に指定されるなど、歴史的価値が高い貴重な建築物。

たびたび映画やドラマのロケ地にもなっています。一部は「舞鶴赤れんがパーク」として整備され、お土産を扱うショップやカフェ、イベントスペースなども。

そして夜になると、倉庫群のライトアップが。レンガの風合いや建築美が闇夜に美しく浮かび上がります。連なるレンガ造りの倉庫が優しい光で照らされるようすは、なんともノスタルジック。通年開催しているので、舞鶴へ出かけた日には一日の締めくくりに、ぜひ足を運んでみてくださいね。

【開催データ】

舞鶴 赤れんが倉庫群ライトアップ
開催日時:通年 日没後~22:00
料金:無料
開催場所:舞鶴赤れんがパーク(舞鶴市字北吸1039-12)
交通アクセス:JR「東舞鶴駅」から徒歩約15分またはバス「市役所前」下車すぐ
問い合わせ:0773-66-1035(舞鶴赤れんがパーク)

いま読まれてます
夜の京都観光を楽しむ。秋の夜長にぴったりなスポット&イベント
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます