旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

思わず心が震えた。水中写真家が出会った、忘れられない「海」景色

2020年も残すところあとわずか。今年は世界中が前代未聞の危機に直面し、国内では新しい生活様式が提唱され、テレワークが浸透するなど大小さまざまな変化が起こった年でしたね。

いろいろとあった今年ですが、少しでも早い新型コロナウイルスの収束を願うとともに、日ごろの疲れを美しい写真で癒してあげてみてはいかがでしょうか。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

写真を通して伝えたい想いがある

撮影地 葉山 image by:鍵井靖章

コロナのせいか今年はどこか抜け落ちてる感じがして…早いですね…。きっとあっという間に終わるんでしょうね…。でもこの水中ライトだけで撮影した新しい写真表現のように攻めていきます!!!!

撮影地 モルディブ image by:鍵井靖章

モルディブで撮影した1枚。コロナが収束したら早くみんなで帰ろうと誓っている海中景色。

撮影地 阿嘉島 image by:鍵井靖章

ずっと日本にいるので季節の移ろいを明確に感じます。海外取材によく行っていたときは季節を飛び飛びで感じていた…。

風邪をひかないように気をつけてください。そんな気持ちを込めて少し優しい雨をイメージできる写真をどうぞ。

撮影地 阿嘉島 image by:鍵井靖章

コロナが流行り始めてからどのくらい阿嘉島に行ってるのだろう…。自分の中でモルディブやフィリピン、タイのように、作品ができるまでの過程が予測できるフィールドになってきているので、いまの私にとってはありがたい海です。

撮影地 宮古島 image by:鍵井靖章

アマチュアとかプロとか関係なく、表現する手段があるのことは素晴らしいと思う。誰かのことを想って奏で、詩い、描き、口遊み…なんでも良い!私の場合はシャッターを切る。昨日も正しくそうだった。

  • image by:鍵井靖章
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

毎日、決まった時間に海の写真を1枚お届けします。
毎朝7時に、1日の始まりの活力の源として、写真集を開くという特別な時間ではなく、皆さんの手のひらの中で、日常的に海の癒し写真作品を楽しんでいただけます。

思わず心が震えた。水中写真家が出会った、忘れられない「海」景色
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます