旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

お肉大好き外国人が選ぶ、美味すぎる日本の「ソーセージ」ランキング【2020最新】

Array
2020/11/21

日本の倍くらい大きい/アイルランド出身

image by:shutterupeire / Shutterstock.com

「母国アイルランドではソーセージのサイズは日本と比べると倍くらい大きく、太い。肉の味が強く、焼くとジューシー。ただ、人によっては大きすぎたり重すぎたりするかもしれない。

そういう点を考慮すると日本のソーセージは、サイズが小さく老若男女かかわらず食べきれるサイズ便利かも」(アイルランド出身/日本在住歴1カ月半)

image by:Shutterstock.com

海に囲まれたアイルランドでは、魚料理よりも肉料理のほうが主流。肉の加工食品も多く、ソーセージの種類も多様なのだとか。

ただ、日本と比べると皮も中身も柔らかいものが多いそうですが、味はバツグン。アイルランドといえばギネスビール発祥の地ですから、ビールにあう美味しいソーセージが開発されてきたのかもしれないですね。

母国のソーセージはマジで美味い!/ニュージーランド出身

image by:jon lyall / Shutterstock.com

「正直、日本のソーセージより美味しいと思う!毎年、国内では美味しいソーセージに関するコンテストが開かれています」(ニュージーランド出身/日本在住歴1年)

「ソーセージロール」image by:Takeaway, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

ニュージーランドといえばイギリスからの移民が多い国。そのためイギリスのソウルフードがアレンジして親しまれていることも多いのだとか。

もちろんソーセージも身近な食材のひとつ。毎年「ソーセージロール」の美味しいお店を決めるコンテストが開催されているみたいですね。

そんなソーセージロールはもはや国民食。切ってオーブンで焼くだけなので、スーパーの冷凍食品コーナーでは必ずといっていいほど売られているそうですよ。

お腹が空いたらいつも食べてた/ドイツ出身

「カリーヴルスト」image by:Shutterstock.com

「日本人のソーセージは、固形で細長いイメージだよね。ドイツは結構パンに塗ったり、四角いハムみたいな形で薄切りにして食べるものとかあるよ」(ドイツ出身/日本在住歴10年)


ドイツにはソーセージを手軽に食べられる屋台があちこちにあるほど、かなり身近な食べ物。なかでも名物「カリーヴルスト」は、焼いたソーセージの上にカレー粉とケチャップをかけたソウルフード。

ほかにもドイツでは、屋台のほかにもお肉屋さんが店先でソーセージを焼いて売っているほど、国民に愛されているのです。

このように世界共通の食べ物といってもいいほど多くの国で愛されている「ソーセージ」。国によって味付けや食べ方は異なるようですが、なかには自宅でその国の味を再現できそうなものもありましたね。

皆さんもいつもの食事に「ソーセージ」をプラスして、改めて素晴らしさを体験してみてはいかがでしょうか。

いま読まれてます

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

お肉大好き外国人が選ぶ、美味すぎる日本の「ソーセージ」ランキング【2020最新】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます