旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

新しい日常に癒しを…withコロナ時代を生きるなら「鳥取県」がいい?

Array
2020/12/19
image by:PR TIMES

最後にご紹介するのは、米子市「皆生温泉」の老舗温泉旅館「東光園」です。

月額料金制で、国の登録有形文化財に指定されている建物内のラウンジやロビーを自由にコワーキングスペースとして利用可能。なんと、住所貸しや郵便物受取サービスも含めたサテライトオフィスとしても使用できます。

そのうえ、利用者は温泉が無料で使用可能という太っ腹ぶり。会議室や、温泉客と同じ個室の客室も別料金で使用できます。

伝統の老舗旅館が自分のオフィスになるという、もはやワーケーションという言葉を超えた感覚を味わうことができますよ。

image by:PR TIMES

鳥取県は「ストレスオフランキング女性部門」で第1位に輝くなど、ストレスを解消することに長けた県民性を持っています。

その秘訣のひとつといわれるのが「温泉」です。数多くの温泉地を要する鳥取県では、温泉浴がとても身近で、自然とストレスオフに繋がっているといわれています。

そんな鳥取県でも有数の歴史を誇るのが、東郷湖の西岸にある「はわい温泉」と、南岸にある「東郷温泉」です。その始まりは江戸時代、地元の人々が源泉の使用を願い、藩主が許可を出したことからと伝えられています。

源泉は東郷湖の湖底から湧いているため、冬の寒い時期を迎えると湯けむりが漂い、辺り一面が幻想的な光景に。温泉はもちろんのこと、ゆったりと湖畔の散策を楽しむのもおすすめです。

image by:PR TIMES

はわい温泉を訪れたらぜひ立ち寄りたいのが、旧羽合町橋津の江戸時代から残る藩倉を模して作られ、「日本夜景遺産」にも選出されているという道の駅「はわい」。日本海や大山を臨める展望台があり、東郷湖も美しく見える最高の立地で人気を呼んでいます。


鳥取を代表する風光明媚な景色たちはもちろんのこと、県産のフルーツで作られた名物のジェラートやソフトクリームは絶品。梨ソフトクリームなど、珍しいフレーバーも見逃せません。

  • はわい温泉・東郷温泉
  • 鳥取県東伯郡湯梨浜町はわい温泉5-22
  • 0858-35-4052(はわい温泉・東郷温泉旅館組合)
  • 公式ホームページ
image by:PR TIMES

近年、爆発的に人気を伸ばしている「サウナ」。今年10月、一向平キャンプ場の中にオープンしたばかりの「Nature Sauna」は、日本最大級のサウナ専門口コミメディアサイト「サウナ タイム」が全面プロデュースし、水をサウナストーンにかけながら入る「ロウリュ」を起用した本格フィンランド式サウナです。

image by:PR TIMES

高温度・低湿度の日本式「乾式サウナ」と違い、「蒸気式サウナ」と呼ばれるフィンランド式は、低温度・高湿度で「リラックス」を重要視したもの。

外のベンチでもゆったりと休めるなど、国立公園のキャンプ場という場所を生かした珠玉のサウナタイムを堪能できます。

個性あふれるコワーキングスペースやサテライトオフィス、温泉やサウナなど、日常とリラックスが見事に溶け合うライフスタイルを牽引している鳥取県。訪れた際は、ワーケーションの参考にしてみてくださいね。

  • source:PR TIMES
  • image by: Shutterstock.com
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

美容師・ヘアメイクを経て映画業界に転身。フリーの記者カメラマンとして国内外のレッドカーペット取材や俳優インタビューを行いながら、来日イベントの企画運営・PR、記者会見や舞台挨拶のMCなど洋画をメインに活動。現在は育児のため仕事をセーブし、ライターとして幅広いジャンルの記事を執筆中。

Instagram

新しい日常に癒しを…withコロナ時代を生きるなら「鳥取県」がいい?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます