旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

温泉以外の新名物も登場!大分県の絶景スポット&珠玉の絶品グルメ

Array
2021/01/16

「肉の城南」の一本揚げ

image by:PR TIMES

続いては肉料理から、珠玉の鶏料理をご紹介。大分市・別府市のとり天や、中津市・宇佐市の唐揚げなど、全国的に著名なものも多数ある「大分の鶏料理」ですが、「第3の揚げもの」として話題なのが佐伯市の「一本揚げ」です。

佐伯市の「肉の城南」で販売されている一本揚げは、日々地元の方々が「爆買い」する人気の一品。

たまらないビジュアルもさることながら、その大きさと、モモと手羽のパリパリでジューシーな美味しさが味わえるシンプルな美味しさも人気の秘訣です。

平日には300本、週末には500~600本、クリスマスとなると2,000本もの数が売れるという一本揚げ。訪れた際には、たっぷりと大きな身を存分に味わってみたいですね。

「道の駅 宇目」の唄げんか焼

image by:PR TIMES

「道の駅ランキング」のテイクアウト部門で1位を獲得した「ジャンボからあげ」と「くりソフト」が大人気の「道の駅 宇目」。他にもまだまだ、見逃せない和菓子があります。それが、宇目町の名物でボリューム大満足の今川焼き「唄げんか焼」です。

中には、地元特産の栗を100%使用して作られた、贅沢な栗の粒入りこしあんがギッシリ。期間限定商品のため入手が難しく、150円とは思えない価値のある一品です。

  • スポット名
  • 大分県佐伯市宇目大字南田原2513-5
  • 0972-54-3090
  • 東九州自動車道佐伯ICより車で約42分
  • 定休日:年中無休
  • https://www.facebook.com/michieki.ume/

「弥生たかはし」のコロッケ

image by:PR TIMES

昭和56年に創業された惣菜店「弥生たかはし」。地元で愛され続ける老舗の大人気看板商品「コロッケ」は、町おこし事業の一環として特産品である生姜を使用。

ふんだんに入れた玉ねぎの甘みと共に香る生姜の風味で一躍大人気となり、即完売する日もあるほどの逸品です。

温泉だけに留まらない、まだまだ深い大分県の魅力。新型コロナウイルスが収束した際には、冬だからこそ出会えるこの絶景と共に、地元で愛されるグルメの数々を楽しんでみてはいかがでしょうか。


  • source:PR TIMES
  • image by:Shutterstock.com
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。 
いま読まれてます

美容師・ヘアメイクを経て映画業界に転身。フリーの記者カメラマンとして国内外のレッドカーペット取材や俳優インタビューを行いながら、来日イベントの企画運営・PR、記者会見や舞台挨拶のMCなど洋画をメインに活動。現在は育児のため仕事をセーブし、ライターとして幅広いジャンルの記事を執筆中。

Instagram

温泉以外の新名物も登場!大分県の絶景スポット&珠玉の絶品グルメ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます