旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ホントに日本?地元民も知らない、緑色の大仏様が迎える愛知県「桃巌寺」

Array
2021/07/17

すべての罪をリセットできる!

image by:Shutterstock.com

大仏様を拝んだら、本堂へと向かいましょう。境内は普通のお寺と異なる部分もたくさんありますが、ここは神聖な信仰の場。珍しい緑の大仏様だけ見て帰る、だけではもったいないですよ。

本堂へと足を進めると、目に飛び込んでくるのが超巨大な木魚。あまりに大きすぎて俯瞰で見ないと木魚だと気が付かないほどです。大きな飾りにも見える木魚は直径約1mほどで、叩くのに階段が必要なほど。

この木魚、ただ大きいだけではなく素晴らしいご利益を授けてくださるといわれ、桃巌寺のパワースポットとなっています。そのご利益、なんと触れるだけで「いままでの罪をすべて浄化」してくださるのだとか!

樹齢約100年のクスノキで作られた木魚は大きさもさることながら、その艶や存在感、重厚感から確かにパワーを頂けます。ぜひ触れて、キレイな体になりましょう。

「ねむり弁天様」に会えるのは16歳以上だけ

リンガ像(イメージです)image by:Shutterstock.com

もしも16歳以上の節度を持った大人であるなら、拝観料1,000円を支払って「ねむり弁天様」の奥の間へと参拝しましょう。

そもそも、どうしてお寺の奥の間に年齢制限があるのでしょうか?それは、宗教と性の関係をしっかりと理解できる大人のみが入ることを許されたエリアとなっているからです。

拝観料をお納めするとパンフレットとともにお守りが頂けます。

腰布一枚で横たわっているねむり弁天様は安眠のご利益を与えてくださるのだそうです。ストレス社会で毎日よく眠れないかたはぜひお会いしに行きましょう。

また、奥の間にはさまざまな物が展示されていますが、仏教のお寺では通常見られないヒンドゥー教の「リンガ」コレクションが。


「リンガ」とは、ヒンドゥー教のシヴァ神の象徴としてお祀りされる神聖な物ですが、形は完全に男性のシンボルそのものです。だからこそ16歳以下お断りなのですね。

このリンガコレクションはご住職がヒンドゥー教に感銘を受けて集められたものなんだとか。ちなみにいただけるお守りもリンガのレプリカです。家庭円満子孫繁栄のご利益を授けてくださるそうですよ。

image by:Tang Yan Song/Shutterstock.com

桃巌寺への旅は普通のお寺参拝では物足りないというかたにとてもおすすめのスポットです。

大きな大仏様だけでなく、ヒンドゥー教テイストも味わえるので、参拝は思い出にのこること間違いなしです。ぜひ名古屋の中心部から少し足を伸ばしてみてくださいね。

  • 桃巌寺
  • 名古屋市千種区四谷通2丁目16
  • 地下鉄「本山駅」から徒歩で約5分
  • 無料(※ねむり弁天の拝観料は1,000円)
  • 年中無休
  • 9:00~17:00
  • image by:photoAC
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子。

ホントに日本?地元民も知らない、緑色の大仏様が迎える愛知県「桃巌寺」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます