旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

温泉に入りながら海外旅行気分。アジアンな空間広がる「おふろcafe 白寿の湯」

Array
2021/01/17

世界を危機に陥れた新型コロナウイルスの猛威。これまで当たり前のようにできていた旅も、コロナ禍によりあきらめざるを得ない状態となっています。

特に、海外旅行は今後も難しい状況が続くと考えられますが、「国内にいながら少しでも海外旅行気分を楽しんでほしい」という特別なイベントが登場しました。

今回のイベントの舞台となるのは、埼玉県児玉郡神川町の「おふろcafe 白寿の湯」。

2021年2月28日まで「アジアの旅」をテーマに、館内や食事をアジア一色に染め上げたシーズンイベントが開催中です。気になる詳細を、早速チェックしてみましょう。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

館内は華やかなベトナムカラーに!名湯と共に味わえる「アジアの旅」

image by:PR TIMES

「長時間滞在型」の温泉ブランドとして、コーヒーを片手にどこまでものんびりと過ごすことができる「おふろcafe(R)」。

「白寿の湯」以外にも埼玉県内に「おふろcafe utatane」「おふろcafe bivouac」の2店舗が展開されています。

三重県には「おふろcafe 湯守座」、静岡県に「おふろcafe bijinyu」、滋賀県に「おふろcafe びわこ座」、北海道に「芦別温泉 おふろcafe 星遊館」がオープンし、全国で多くの人が癒しを体験しています。

温泉に加え、漫画や雑誌がギッシリと並べられた「寛ぎ処」や、椅子やマットレスが用意された「うたたね処」をはじめ、心ゆくまでゆったりとくつろげる空間が魅力。コーヒーやPCレンタルなどが、どれも無料サービスというのも驚きです。

今回の「白寿の湯」は、地域で長きに渡り湯治場として愛され続けてきた名湯。2016年に今の温泉シーンに向けた「おふろcafe」としてのアップデートが行われ、「現代の湯治場」として、さらに居心地の良い空間となりました。


地下750mの古生層から湧く白寿の湯は「関東有数の名湯」と名高く、泉質は高張性・中性低温泉のナトリウム・塩化物強塩泉で、非常に濃い源泉濃度を持っています。高温の内風呂だけでなく、雄大な山々を臨める露天風呂もあり、好みに合わせて堪能することができます。

そんな名湯に「おふろcafe」のコンセプトのひとつ「まるで発酵食品のように一日のんびり」という要素が加わり、お食事処「寝かせ玄米(R) 糀料理『俵や』」でいただける「活きた食」で、身体の中から変化を促せるのも魅力。

玄米には豊富なビタミン・ミネラル・食物繊維などが含まれ、美肌効果や便秘解消などの美容効果から、解毒効果や血糖値の低下、肥満予防や免疫力強化なども期待できる健康食。「寝かせ玄米(R)」は炊き上げたのちに3日ほど寝かせ、モチモチ感をアップさせた病みつきになるおいしさです。

醤油や糀、味噌などは「白寿の湯」と同じ神川町を拠点にする、1902年(明治35)年創業の醤油メーカー「ヤマキ醸造」の製品を使用。上質な国産の材料のみで、昔ながらの醸造法で作られる逸品の数々が、おいしい料理たちの味を作り出しています。

ほかにも、秩父から取り寄せられた蕎麦や、少数飼育でこだわりの卵を作る「角谷さん家の卵」など、選び抜かれた地域の食材たちが勢ぞろい。

唐揚げや天ぷらなどの豪華御膳から、本庄市の名物「つみっこ汁」、丼ものや麺料理、カレーなど、ボリュームも満点なメニューがそろっています。

image by:PR TIMES

今回のシーズンイベント「アジアの旅」では、ベトナムのホアイ川で催される伝統的なお祭り「ランタン祭り」で使われる華やかなホアイランタンで館内が飾られ、まるでベトナム旅行へ来た気分に。幻想的なランタンは写真映えもバッチリです。

image by:PR TIMES

さらに「お食事処 俵や」では、ベトナムだけでなくアジア各国を代表するメニューが登場。韓国の「キムチ鍋」、タイの「グリーンカレー」、ベトナムの「フォー」、フィリピンの「ナタデココ」、中国の「花茶」など、アジアやエスニック料理の好きなかたは見逃せないラインアップとなっています。

そして、旅行気分を一層盛り上げる「お土産選び」が楽しめるコーナーも。アジア各国から届いた食品や雑貨が売店に登場し、帰宅するころには埼玉県内とは思えない充実度を感じられますよ。

地元で愛され続けてきた名湯とこだわり抜かれた食事で、心身共に癒されながらアジア旅行の気分まで味わえてしまう同イベント。ぜひ「白寿の湯」で癒されてみてはいかがでしょうか。

  • おふろcafe 白寿の湯シーズンイベント「アジアの旅」
  • 埼玉県児玉郡神川町渡瀬337-1
  • 2020年12月1日(火)~ 2021年2月28日(日)
  • https://ofurocafe-hakujyu.com/
  • source:PR TIMES
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

美容師・ヘアメイクを経て映画業界に転身。フリーの記者カメラマンとして国内外のレッドカーペット取材や俳優インタビューを行いながら、来日イベントの企画運営・PR、記者会見や舞台挨拶のMCなど洋画をメインに活動。現在は育児のため仕事をセーブし、ライターとして幅広いジャンルの記事を執筆中。

Instagram

温泉に入りながら海外旅行気分。アジアンな空間広がる「おふろcafe 白寿の湯」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます