【日本酒・焼酎・ビール】京都発!2021年に飲みたいおニューなお酒

Array
2021/01/20

ありそうでなかった!魚の旨みたっぷりの日本酒

小魚煮干し酒「鶴丸」(池田酒造)

山と川に囲まれた自然豊かな場所に佇む酒蔵 image by:池田酒造

海の京都・舞鶴市にある池田酒造は、1879(明治12)年創業の老舗酒蔵。「毎日飲んでも飲み飽きない食中酒」「飲むと笑顔になるお酒」をモットーに、醸造用アルコールや添加剤の添加をおこなわない、お米の美味しさがダイレクトに伝わる純米酒を醸しています。

ユーモラスなラベルも魅力的な小魚煮干し酒鶴丸 image by:池田酒造

そんな同蔵が2020年11月に発売した「小魚煮干し酒 鶴丸(つるまる)」は、地元の椋本営農さんが丹精込めて育てた京都府限定の酒米「祝」で造った純米酒に、舞鶴で水揚げ・加工された小魚の煮干しの炙りを漬け込んだお酒。

魚の香ばしさと旨みをしっかりと感じることができ、まるでひれ酒を楽しんでいるような贅沢な気分に。おすすめは断然熱燗!寒い日々が続くこの季節、魚介系料理と一緒に味わってほしい逸品です。

※こちらの商品は、日本酒に煮干しを漬けるため、酒税法上リキュールとなります。
※煮干しは漬け込み過ぎると苦みが出てしまうため、一定期間後に取り出しています。そのため、商品には煮干しは含まれていませんが、一部が浮遊物、沈殿物として残っています。また、旨みが溶け出すことでお酒の色は黄金色になっていますが、いずれも品質に問題ありません。

 ■■INFORMATION■■
小魚煮干し酒鶴丸
【価格】
1,800ml 3,410円(税込)
720ml 1,705円(税込)

【販売店】
池田酒造オンラインショップ及び舞鶴市内の酒販店

池田酒造オンラインショップ

 【問い合わせ】
池田酒造株式会社
TEL:0773-82-0005
住所:京都府舞鶴市中山32

  • source:KYOTO SIDE
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

WebSite

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
【日本酒・焼酎・ビール】京都発!2021年に飲みたいおニューなお酒
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます