旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

春色広がる至福の時。優雅なホテルで楽しむ「桜いちごアフタヌーンティー」

Array
2021/02/13

さまざまなホテルが織り成す、魅力的な「アフタヌーンティー」。季節に合わせてさまざまなラインアップがそろいますが、そろそろテーブルが最も華やかになると言っても過言ではない「」がやってきます。

この度、品川駅の人気ラグジュアリーホテル「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」が、春限定のイベント「桜いちごアフタヌーンティー」の開催を発表しました。春色にあふれたメニューの内容を、早速チェックしてみましょう。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

桜といちごが織り成す、春の華やかなスイーツ&セイボリーを豪華に満喫

image by:PR TIMES

品川駅の南口と直結し、天候を気にすることなく訪れることができる「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」。「インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツ」のひとつとなるラグジュアリーホテルならではの、優雅さと心地の良さがたまらないスペースが広がります。

圧巻の眺望が味わえる館内にそろう4つのレストランとカフェ&バーの中から、今回アフタヌーンティーの舞台となったのは、ギリシャ語で「リズム」を意味するカフェ&バー「リュトモス」。グランドピアノが鎮座し、夜には音楽をライブで楽しめる空間です。

image by:PR TIMES

イベント「桜いちごアフタヌーンティー」は、まさに春の世界が広がるアフタヌーンティー。それぞれのお皿の上でお花見をするかのように、いちごと桜をモチーフとしたスイーツがズラリと並ぶ、ときめかずにはいられない時間が待っています。

厳選された旬の上質な食材をたっぷりと使用したスイーツとセイボリーは、ひとつひとつが宝石のように美しい仕上がりに。幾重にも層を重ねた「桜オペラ」は、春色のルビーチョコレートが輝く主役級の一品。口に運ぶと、エレガントなベリーの香りがふんわりと広がります。

「春の訪れを告げる」といわれるフランス伝統の「フレジエ」は、丸ごと1個のいちごとスライスされたいちご、ピスタチオのムースリーヌを透き通るグラスに詰め込み、おとぎ話のお菓子のように華やかな仕上がりに。

image by:PR TIMES

アフタヌーンティーには欠かせないマカロンは、中に優しい味わいの桜いちごクリームが。「いちごパンナコッタ&桜ジュレ」には、ほんのりと桜の香りが漂います。「ストロベリータルト」に、プレーンとよもぎの2種がそろった「スコーン」など、焼き菓子もたまらないラインアップです。

セイボリーも、もちろん桜といちご尽くし。「ミニバーガー」は、丁寧にグリルされた桜鱒に苺のタルタルソースを赤いバンズで挟んだ、見た目も味も楽しい一品。大人気の「キッシュ」は、桜のチップで燻すことで香らせたベーコンに新玉ねぎを加え、春らしさが全開です。


「ヴィシソワーズ」も桜で仕上げ、どれも口福なメニューばかり。飲みものには20種類を超えるコーヒー、紅茶、ハーブティー、フレーバーティーなどがセレクトされ、好きなだけいただくことができます。

開催時間は14:00~18:00(L.O. 16:30)の1.5時間制・5,000円となりますが、この時間に間に合わないというかたにもお席が用意されています。

それが「ナイト・桜いちごアフタヌーンティー」。18:00~21:30(L.O. 19:30)の2時間制となり、料金は通常6,500円。さらにシャンパーニュのフリーフローが付くと7,500円という、ナイトタイムらしいメニューにグレードアップします。

場所もカフェ&バー「リュトモス」だけでなく、シックでゴージャスな内装が美しいイタリアングリル「メロディア」も対象に。「桜いちごアフタヌーンティー」と同様のセットに、「トリュフ風味のフライドポテト」も加わり、シャンパーニュの止まらない内容です。

さらに、「メロディア」ではアフタヌーンティーとコラボレーションした特別なディナーコース「“インシエメ”&桜いちごアフタヌーンティー」も登場。

「一緒に」を意味するイタリア語の「インシエメ」というタイトルらしく、シェアリングで味わうディナーコースと「桜いちご」のスイーツが5種セットとなった、レストランの真髄を味わえるプランです。

また、宿泊プランに合わせた「STAY&桜いちごアフタヌーンティー」のオーダーも可能。15:00~19:30の間、好きな時間帯に客室でアフタヌーンティーを味わうことができます。

好きなドリンクも一緒に、さらにゆったりとくつろいだひとときが実現可能。「ステイケーション」も、より盛り上がりそうなプランですね。

image by:PR TIMES

ストリングスのアフタヌーンティーではテイクアウトもスタートしています。

優しい桜ピンク色のボックスにスイーツが並んだ「ストリングス・アフタヌーンティー TO GO」は、ホテルでのコースと同じ全15種のスイーツ&セイボリー、スコーン、クロテッドクリーム&ジャム、人気ティーブランド「TWG」のティーパック2袋が付属し、自宅でアフタヌーンティーを再現できるというもの。

image by:PR TIMES

またテイクアウトには「プチ」サイズもあり、こちらはスイーツ5種、スコーン2種、クロテッドクリーム&ジャム、「TWG」ティーパック1袋がセットとなっています。

春の訪れを告げる、華やかな「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」の「桜いちごアフタヌーンティー」。開催は2021年3月1日(月)から4月30日(金)までの期間限定です。

カフェでもテイクアウトでも心ゆくまで楽しめるスイーツ世界へ、ぜひ出かけてみてはいかがでしょうか。

  • 桜いちごアフタヌーンティー
  • 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー26F カフェ&バー「リュトモス」
  • 品川
  • 「桜いちごアフタヌーンティー」料金:5,000円
  • 開催期間:2021年3月1日(月)〜4月30日(金)
  • 開催時間:14:00~18:00)L.O.16:30)※1.5時間制
  • ホテル公式サイト
  • source:PR TIMES
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅やお出かけに関するトレンドニュースをお届けします。

WebSite / Twitter / Facebook / Instagram / Mail magazine

春色広がる至福の時。優雅なホテルで楽しむ「桜いちごアフタヌーンティー」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます