旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

横浜で絶景の空中散歩。日本初の最新ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

Array
2021/08/07

「ロープウェイ」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?日本では美しい山の自然を眺めながら山麓と山頂を繋ぐロープウェイが一般的ですので、多くの方が山を登るためのロープウェイを思い浮かべたのではないでしょうか。

箱根、函館山、金華山、駒ケ岳など基本的には「山」にあり、空からの絶景が楽しめる乗り物がロープウェイ。ですがなんと、この度「横浜」のど真ん中に驚きのロープウェイが開通しました。

その名も「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)」です。2021年4月に開通したばかりのロープウェイについて、今回はその全貌をご紹介します!

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

「YOKOHAMA AIR CABIN」とは?

image by:Shutterstock.com

美しく洗練された街、横浜。観光客も多く訪れるこの横浜の街中に、新しくロープウェイが誕生しました。日本で初めて高低差のない都市のなかを繋ぐロープウェイ、それが「YOKOHAMA AIR CABIN」です。

「どうして横浜にロープウェイ?」と思ったかたもいるかもしれません。実はこのロープウェイ、2017年に横浜市が公募した「まちを楽しむ多彩な交通」事業のメインとして選ばれ、2021年の今年ついにオープンしました。

image by:Haru

桜木町」から「みなとみらい21」を繋ぐロープウェイ。横浜の街を空から見る交通機関という斬新な発想は、正直なところ採択された後も賛否両論がありました。

「必要なのか分からない」「景観が崩れる」「歩いていくのが楽しい」など、主に横浜に住む人々から多様な意見が寄せられていました。

しかし、実際にオープンした「YOKOHAMA AIR CABIN」に乗ってみた筆者の感想は、すごく面白い!

景観にもしっかり馴染んでいるように思えますし、横浜の美しい街並みを存分に楽しめます。加えて日本初の都市型ロープウェイが横浜に、というところも洗練された横浜のイメージにぴったり。これは新しい人気スポットになるだろうなと思わせる施設です。


JR桜木町駅前から乗車!

image by:yoshi0511/Shutterstock.com

ロープウェイが繋がっているのは、桜木町からみなとみらいまで。JR桜木町駅前から、みなとみらい21の運河パーク駅までを片道を約5分で結んでいます。

横浜観光のメインといえるベイエリアのみなとみらい21には、さまざまな観光スポットが点在しています。横浜ランドマークラワー、横浜赤レンガ倉庫、MARINE & WALK YOKOHAMAなどなど、カップルでも女子旅でも楽しめるおしゃれなスポットがたくさん!

いままでJR桜木町駅からみなとみらい21エリアまで徒歩で約20分ほどかかりましたが、これからはたった5分の空中散歩で到着です。横浜観光の途中でも気軽に訪れられるようになりました。

image by:Haru

JR桜木町駅を出ると、目の前に真新しい「YOKOHAMA AIR CABIN」の駅が。丸いゴンドラがビル群の中を行き交う近未来的な景色も見られます。

チケットの価格は高い?安い?

image by:Joel_420/Shutterstock.com

桜木町駅の中に進むとチケットカウンターが設けられているので、ここでチケットを購入しましょう。筆者が訪れたときは、「オープンしたばかりで混雑しているかな?」と思っていましたが、少し待つだけですぐに購入できました。

乗車予約は現在のところ受け付けておらず、チケットカウンターでの購入のようですね。

気になるのはチケット価格。コスパが重視される現代、どんなに良い施設であっても価格が高すぎると足が遠のいてしまいます。

2021年6月現在、販売されているのは「YOKOHAMA AIR CABIN」のみのチケットと、大観覧車「コスモクロック21」とセットになったチケットの2種類。最新設備を整えた日本初の施設、果たして価格は…

YOKOHAMA AIR CABINのみ

  • 大人(中学生以上)片道1,000円/往復1,800円
  • 子ども(3歳以上から小学生)片道500円/往復900円
  • ※団体割引(20名以上で1割引)、障がい者割引(ご本人と介護者1名が半額)あり

YOKOHAMA AIR CABIN&大観覧車「コスモクロック21」のセット

  • 大人(中学生以上)片道1,500円/往復2,300円
  • 子ども(3歳以上から小学生)片道1,200円/往復1,500円

いかがでしょう?高いでしょうか?安いでしょうか?

価格に関してはもちろん感じ方に個人差があるとは思いますが、横浜に観光に来られた方であればとってもおすすめできる価格帯だと感じます。

横浜を代表する風景が見られ、アトラクション要素も味わえ、同時に移動の時間も短くできるので一石三鳥です。

特にコスモクロック21とのセットチケットはとてもお得。別々で購入するより400円もお安くなっているので、横浜らしい景色や夜景を楽しみたい方にはぴったりです。


ゴンドラも最新型!

image by:Princess_Anmitsu/Shutterstock.com

さあ、チケットを購入していよいよキャビンに乗り込みます。丸いキャビンは全部で36台。定員は大人8名までとされていますが、現在はコロナ対策のため1グループで1基に乗り込むことができます。

カップルや親子の場合、貸し切り空間ができるのはとても嬉しいですよね。ちなみに、コロナウイルス収束後はどのようにキャビンが割り当てられるのかは未定なんだそう。

全面ガラス張りのキャビンは冷暖房完備、LEDによる照明演出、さらに換気システムも搭載。中からははっきり景色が見える一方、外から中は見えにくいようにも作られプライバシーも確保されています。

image by:Haru

全基バリアフリー対応で、段差がほとんどなく乗り込むことができるのも嬉しいポイント。小さなお子さま連れでも、手を引いてあげるだけで空中散歩に出発できます。

キャビンから見える絶景は、横浜を味わうのにぴったり!

image by:Princess_Anmitsu/Shutterstock.com

「いってらっしゃいませ」と送り出されるとすぐ左手側に見えてくるのがコスモクロック21や横浜グランドインターコンチネンタルホテル!独特の形状とすぐ隣にあるように見える大観覧車、これぞ横浜!といった風景です。

昼の明るい時間帯も良いですが、夜に訪れたら夜景がとっても映えるに違いありません。

image by:Haru

汽車道の真横をゆっくりと進んでいくキャビンからは横浜の洗練された街並みが一望できます。

約5分間の空の旅は景色を眺めていると本当にあっという間。キャビンは左側通行のため桜木町駅を出発するとコスモクロック側が、運河パーク駅を出発すると反対側の街並みが遮るものなくのぞめます。

どちらも捨てがたいのですが、初めて横浜を訪れた場合、かつどちらか片道だけ乗りたい方は桜木町駅から乗車するのをおすすめします。

image by:yoshi0511/Shutterstock.com

デートはもちろん、横浜の夜景を見てみたい方や初めて横浜観光に訪れた方にぴったりな「YOKOHAMA AIR CABIN」。新型コロナウイルスが収まり、国内外から観光客がまた横浜に訪れるようになればその人気は不動のものになるに違いありません。

都市部を空から眺める体験ができるのは、いまのところ日本では横浜だけ。お近くにお住まいのかたは、想像以上におもしろくロマンティックな体験ができるロープウェイへ、ぜひ足を運んでみませんか?

  • YOKOHAMA AIR CABIN
  • 桜木町駅/運河パーク駅
  • 片道:大人1,000円/子ども500円
  • 10:00〜20:00(※時短営業を実施中)
  • 公式サイト
  • image by:Haru
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子。

横浜で絶景の空中散歩。日本初の最新ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます