旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

あると便利なグッズは?初心者がキャンプを始めるときに知っておきたいこと

Array
2021/08/08

ここ数年の「新しい生活様式」に合わせるかのように、人気のあるアクティビティにも変化が訪れています。なかでも、一気に台頭したといえるのが「キャンプ」です。

郊外であることや慌ただしい日常のストレスから距離を置けるなど、癒しの魅力も兼ね備えたキャンプ。

この度、auコマース&ライフ(以下・auCL)が「これからキャンプを始める人のための最新意識調査」を実施しました。自分でキャンプの計画・実行経験を持つ20代~60代の男女1,000人から得られたリアルな回答を、早速チェックしてみましょう。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

この1年以内でキャンプに初挑戦した人が急増

image by:PR TIMES

キャンプ歴はどのくらいですか?」という質問では、42.5%が「3年以内」と、比較的最近になることが判明。やはり、昨今のアウトドア&キャンプブームが大いに後押ししていることがわかります。

なかでも「1年以内」と答えた人も18.8%にのぼり、新型コロナウイルスが影響を及ぼして以降にキャンプを始めた人がおよそ5人に1人となっている結果に。コロナ禍でキャンプが流行していることは間違いないといえそうです。

image by:PR TIMES

「いままで何回程度キャンプを実施しましたか?」という質問では、20.3%が「31回以上」と回答し、トップに。

年代別で見てみると「5回以内」が64.0%となっている20代が、全体から見るとまだ実施回数が少ない傾向にあることがわかります。

image by:PR TIMES

始めたきっかけや理由は?」という質問では、61.6%で「自然が好きだから」が最多という結果に。

続いて53.7%の「もともとアウトドアが好きだから」、34.0%の「友人・知人にすすめられた/誘われた」が上位となっています。


キャンプ歴1年以内、またはキャンプ実施の累計回数が3回以内という「キャンプ初心者」に注目してみると、「アウトドアブームだから(16.3%)」「新しい生活様式に合うコロナ禍でも楽しめる娯楽だから(10.2%)」が突出。

流行と現状を取り入れて挑戦した人が多いことがわかります。

image by:PR TIMES

キャンプの魅力は何ですか?」という質問では、67.7%の「雄大で美しい自然に囲まれるところ」、62.9%の「日常の喧噪から離れられるところ」、57.2%の「家族で楽しめるところ」、51.7%の「四季それぞれの良さがあり、飽きがこないところ」などが過半数を超える結果に。

大自然に囲まれて、非日常の時間を堪能できるキャンプ。心身共にリフレッシュできるという点や、家族水入らずで楽しめることが、再びキャンプへと足を運んでしまう理由になっているようです。

いま読まれてます
あると便利なグッズは?初心者がキャンプを始めるときに知っておきたいこと
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます