大人も子どもも夢中になる!本格アスレチックパーク「ボウケンノモリ」in宇治

Array
2021/08/07

体と頭を駆使しよう!アドベンチャーコース

続いては「アドベンチャーコース」のご紹介。こちらは小学4年生、もしくは身長140cm以上(小学4年生以上でも身長130cm以下の場合は不可)の人から挑戦できます。

ツリートップアドベンチャーは3つのコースに分かれているのですが、チャレンジコースとアドベンチャーコースは3つのうち2つは同じルートをたどります。

ただし、足場が上下に2つあり、アドベンチャーコースは基本的に上の道を進みます。高いところが苦手な人は、チャレンジコースの方がいいかもしれませんね。

アドベンチャーコースには、写真中央にあるねじれたハシゴや輪っかだけの足場など、「どうやって進むの!?」というようなコースが目白押し。チャレンジコースと比べて、こちらは体のみならず、頭も使わないと前に進むことはできません。

また、難しいのは足さばきだけではありません。実は、アドベンチャーコースのハーネスは、場面に合わせて自分で付け替えをする必要があります。写真左の黒のハーネスがアドベンチャーコース用なのですが、場所によって2つのフックを付けたり外したりすることで前に進むことができます。ここまでくるとアスレチックを超えて、もはやダンジョンですね……。

ちなみにチャレンジコースのハーネスはスタッフしか取り外しができないものなので、安心してハーネスに身を任せましょう。

難易度の高いコースやハーネスの付け替えなど、聞くだけだととても難しそうですが、そこはご安心を。挑戦前にスタッフさんから講習を受けられるので、そこで安全対策や進み方などを教えてもらえますよ。

そうしてたどり着いたアドベンチャーコースの目玉はこちら。

左手に見える木の囲いから、右手下方にあるネットへダイブ!出発地点は高さ約17~18mあり、ハーネスが付いているとはいえ、この高さは目がくらんでしまいそうです。この最恐のアトラクションに脱落する人もいるのだとか……。


ツリートップアドベンチャーはほかの冒険の森の店舗でもありますが、この太陽が丘のコースはとりわけ難易度が高く、アスレチックファンの中には何度も挑戦する人もいるのだそう。ちなみにツリートップアドベンチャーを利用するには事前の予約が必要ですので、HPを要チェックです。

予約不要!気軽に遊べるモリノアソビバ

次はモリノアソビバエリアを見てみましょう。このエリアにあるアクティビティは、予約不要&当日受付で利用できます。

写真は「バッグジャンプ」。巨大なエアバッグにダイブする単純なアクティビティですが、高さは2.5mと3.5mの2つあり、いざ飛び込むとなると勇気がいります。思わず尻込みしてしまいそうですが、安全のためお尻から着地する必要があるので、怖がらずに思い切ってジャンプしましょう!

子どもに人気の「トランポリン」では、普段はできない大ジャンプやお尻でジャンプなど、いろいろな動きに挑戦できるかも!?

トランポリンの周りはネットで囲っているので、地面に落ちてしまう心配もありません。自由自在に飛び跳ねてみてください~。こちらは3歳以上のお子さんから利用できるので、家族連れでも楽しめますよ。

※3〜4歳は保護者同伴必須(その場合の保護者無料)。

ツリートップアドベンチャーに併設されている「ツリーシェイドアドベンチャー」は3歳から利用できるアスレチックです。ミニサイズのうんていやネットトンネル、ターザンロープなど、小さいお子さんでもしっかり体を動かせる遊具がそろっていますよ。こちらは無料で遊べるので、ツリートップアドベンチャーの準備運動として挑戦してみるのもあり。

万が一、転んでしまっても地面にはウッドチップが敷いてあり、クッション代わりになるので安心ですね(小さなお子さんが利用する場合は、大人の方がついてあげてくださいね)。

冒険の森からボウケンノモリへ。同じ名前がつなぐ縁

実は、「ボウケンノモリ」ができる前も、この広場には「冒険の森」という名前がついていました。この場所にボウケンノモリとしてリニューアルされたのは全くの偶然だそう。同じ名前同士の御縁があったのかもしれませんね。

この夏は、大人も子どもも夢中になって遊べる本格アスレチックで、ぜひ、ボウケンしてみてください!

■■INFORMATION■■
ボウケンノモリ 太陽が丘店
住所:京都府宇治市広野町八軒屋谷1 京都府立山城総合運動公園内
TEL:090-1488-4010
営業時間:9:00~17:00※変更あり
定休日:不定休(営業日はHPをご確認ください)
料金:チャレンジコース 1,500円(GW・お盆・大型連休の期間は2,000円)/アドベンチャーコース 3,000円(GW・お盆・大型連休の期間は3,500円)
※京都府立山城総合運動公園への入園は無料
駐車場:あり(400円/台)

  • source:KYOTO SIDE
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

WebSite

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
大人も子どもも夢中になる!本格アスレチックパーク「ボウケンノモリ」in宇治
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます