旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

絶品グルメの宝庫。北海道「帯広」で見逃せない名物&ソウルフード

Array
2021/09/13

夜の帯広は「屋台街」がアツい

image by:Haru

特産品や名物の多い帯広は、昔懐かしい屋台も充実しています。帯広駅からすぐのところにあるのが「北の屋台」と「十勝乃長屋」の並んで建つ2つの屋台村。どちらも帯広グルメを満喫するのに欠かせないお店が立ち並んでいます。

道を挟んで隣り合わせにある2つの屋台街はどちらも訪れたいのですが、どちらかというと「北の屋台」は観光客が多く「十勝乃長屋」は地元のかたが多いイメージ。

image by:Haru

どちらも北海道産の食材にこだわったお店が並びますが、よりにぎやかなのが「北の屋台」、落ち着いた雰囲気で地酒やワインを楽しめるのが「十勝乃長屋」です。

この2つの屋台エリアがにぎわうのは夕方から夜にかけて。20軒近いお店が並ぶので、1杯飲んで食べて次の店へ、なんて楽しみ方もできます。

十勝の食材を生かしたフレンチやイタリアンなどのオシャレ系から渋い焼き鳥、モツ煮込みなどなど何でもそろいますよ。

「馬車BAR」で特別な夜を!

image by:Haru

帯広グルメを堪能したあとは、ここでしかできない特別な体験をしてみませんか?「ばんえい競馬」で知られる帯広には、街の中を馬が引き走るバーがあるんです。その名も「馬車BAR」。

北海道で昔から愛される農耕馬「どさんこ」が引く馬車に乗り、同時にお酒が楽しめるため新しい帯広名物として話題です。約50分のツアーでめぐるのは、帯広駅周辺のエリア。

性格は優しくても力持ちのどさんこは、帯広を訪れたらぜひ触れ合っておきたい馬。「馬車BAR」を引くムサシマコも元ばんえい競馬のレース馬です。馬の足音とともに帯広の街をめぐる、特別な夜を過ごしましょう。

何もかもがハイレベル!帯広グルメを味わう旅へ

image by:Haru

食いしん坊にとって天国のような街、帯広。大地の恵みを存分に生かした帯広グルメは、食べるためだけに訪れても後悔しないレベルの高さです。新型コロナウイルス収束後は、帯広ならではの絶品グルメを楽しんでみてはいかがでしょうか。


  • image by:photoAC
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子。

絶品グルメの宝庫。北海道「帯広」で見逃せない名物&ソウルフード
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます