旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

今話題の「ポポー」って?〜“森のカスタード”を食べに美山町へ〜

Array
2021/10/06

皆さん、「ポポー」という果実をご存じでしょうか? 最近、新聞やニュースで話題になったので、聞いたことがあるかたもいるかもしれません。

普段あまり聞き慣れない名前のフルーツですが、その味は“森のカスタード”と例えられているほど美味なんですって。メインの収穫時期は9月中旬〜10月上旬ごろ。

ポポーとは一体どのような果実なのか……京都府内で栽培・販売しているところがあると聞き、早速、編集部は現地を訪れてみました。

北アメリカ原産の濃厚なフルーツ

訪れた先は、“かやぶきの里”でも知られる京都府南丹市美山町にある道の駅「ふらっと美山 特産品直売所」。

こちらに毎年秋、ポポーを出荷しているのが、同じ美山町に住む菅井麻貴さん。連絡をとって、ご自宅にあるポポーの木を見せていただきました。

これがポポーの木、大きくて立派な木ですね~。ポポーの原産は北アメリカだそうです。熱帯や亜熱帯性に属するバンレイシ科の果樹ですが、この科の中でもポポーだけが唯一、マイナス30℃くらいまで耐寒性があるのだそうです。木に近づくとバナナのような甘くて濃い南国フルーツのような香りがしてきました。

この木を植えたのは菅井さんの曾祖父。ゆえに今となっては、なぜ北アメリカの果樹をここに植えたかなど詳しいことは分からないそうですが、伝え聞く話によると戦後、美山町の名産になれば……と何軒かでポポーの木の苗を買って植えたのだとか。なので、今も美山町の数軒の家ではポポーが育てられているそうです。

チョコレート色の花が咲く

image by:菅井さん

ポポーの開花は3月下旬~5月上旬ごろ。チョコレート色をしたとてもきれいな花が咲きます。

木の上でバナナのような房状に育ち……


9月中旬から10月上旬ごろ、熟すと木から落ちます。2、3日してから触ってみて、ちょっと柔らかくなっていたら食べごろ。

緑色をした皮の中には鮮やかな果肉が

早速、いただいたポポーの実を食べてみることにしました!

真ん中に大きな種があるそうなのでアボカドのように縦半分に、ぐるっと切れ目を入れ、捻るように半分にしてカットしてみました。包丁を入れる前から、ものすごく良い香りがしていたのですが、カットするとさらに周囲に甘くて濃厚な独特の香りが広がります。

中はこのような感じ。オレンジ色の柔らかい果肉です。スプーンですくって食べてみると、びっくりするほどクリーミー!!

確かに“森のカスタードクリーム”と呼ばれるのも納得です。味はバナナとマンゴーを足したような感じで、種のところが少しゼリー状になっていました。

菅井さんは、子供の時からそのまま食べていたそうですが、冷凍してみても美味しかったですよ。“森のアイスクリーム”と呼ばれることもあるようです。

菅井さんによると今年も10月上旬ぐらいまでは販売できそうとのことです。1パック、約300gでお値段は350円ほど。森の京都エリアの道の駅でも販売していました。皆さんも見かけたら、ぜひ食べてみてくださいね!

■■INFORMATUON■■

ふらっと美山 
住所:京都府南丹市美山町安掛下25
TEL:0771-75-0815
営業時間:8:30~18:00
定休日:第3水曜/1~3月は毎週水曜/8・11月は無休

  • source:KYOTO SIDE
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

WebSite

今話題の「ポポー」って?〜“森のカスタード”を食べに美山町へ〜
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます