旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

日本はじまりの地、奈良「橿原・飛鳥」でパワースポットにご当地グルメや開運も!

Array
2021/12/24

奈良の歴史ある郷土料理「飛鳥鍋」に舌鼓を打つ

奈良県中部のご当地グルメとして、近年「飛鳥鍋」が知られるようになりました。もともとこの地域の郷土料理で、鶏肉、しいたけや白菜など自分好みの野菜、牛乳、だし汁、最後にうどんを煮こんで食べる、実は歴史ある鍋です。

image by:シカマアキ

飛鳥時代、中国・唐から伝わった乳製品が孝徳天皇に献上されたのを機に、宮中で乳牛が飼育されるように。その後、鶏肉を牛乳で煮て食べ始めたのが、飛鳥鍋の起源といわれます。

当時は高価だった牛乳ではなくヤギの乳を使い、昭和初期ごろ、牛乳を使った現在の飛鳥鍋が考案されました。

image by:シカマアキ

飛鳥鍋は、今井町にある「農家のオーベルジュ こもれび」などで味わうことができます。味はまろやかながらコクもあり、鶏肉に野菜たっぷりなのでヘルシー。一度ぜひ現地で味わってみてください。

  • 農家のオーベルジュ こもれび
  • 奈良県橿原市今井町4-10-6
  • 0744-48-0458
  • 定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌平日休み)
  • 11:00~15:00(L.O. 14:00)/18:00~21:00(完全予約制)
  • 公式サイト

飛鳥観光ついでに「美スムージー」 SNS映えカフェ、サラダごはんも

明日香村に近い場所にある「美健楽 SORA」は、2021(令和3)年6月オープンのカフェ。オリジナルの「美スムージースムスム」やヘルシーなランチで、地元で早速話題の店舗です。

image by:シカマアキ

美容、健康、体質改善などをコンセプトとしたスムージーは「イチゴ」「キウイ」「パイン」「ラズベリー」など。

ヨーグルトまたはバナナヨーグルトをまず選び、ベースはミルクか豆乳、砂糖ははちみつまたはオリゴ糖を選択します。レモンやホイップクリーム、青汁野菜なども有料で追加可。

飲んでみると、フルーツの味がしっかり伝わってくる中で、すっきりとした味わい。フルーツやトッピングの選択肢が多く、自分好みのスムージーが作れる楽しみもあります。冷凍クール便での全国発送にも対応しています。

image by:シカマアキ

ランチは「HAPPYパワーサラダごはん」として、「10品目サラダごはん」「アボとろサラダごはん」などがそろっています。


健康志向が高い人向けにごはんなし、サラダ多めにも変更も可能。新鮮な野菜がたっぷり摂れるのがうれしいのと、奈良県産の米も美味しく食べられます。

さらにサンドイッチなどもあって、テイクアウトして飛鳥観光にもってこいです。

  • 美健楽 SORA
  • 奈良県橿原市見瀬町616-1 和州城
  • 0744-55-1251
  • 定休日:毎週月曜、第1・3日曜
  • 10:00~17:00(夜の営業は予約制)
  • 公式サイト

飛鳥で古代の手法で染色体験! 色鮮やか作品に感動間違いなし

image by:シカマアキ

日本の原風景、昔ながらの風情が残る明日香村で、かつて古代にあった手法染色体験ができる場所があります。

水谷草木染」では、染色に携わって40年という森林インストラクターが、四季折々の植物を使って大判ハンカチやストールを色鮮やかに染める体験を、古代当時の言い伝えなども交えつつ、丁寧に指導してくれます。

image by:シカマアキ

染色に使う植物は、村内に自生するセイタカアワダチソウ、クチナシ、アカネなど8種類。どの模様に染めたいかをまず決め、生地を選んで折っていき、さらに色を決めて染色します。

屋外に並ぶ鍋には、クリやタマネギの皮なども入っていて驚きつつも、「こんな色が出るのか」というサプライズもとても楽しいです。

image by:水谷草木染

鮮やかに染め上がった作品の数々に、誰もがうれしくなること間違いなし。所要2時間ほど。大判ハンカチやストールは普段使いもでき、旅の記念になります。

  • 水谷草木染
  • 奈良県明日香村立部448
  • 0744-24-5802
  • 体験料:1,500円~
  • 定休日:月・火
  • 9:00~17:00
  • 公式サイト

平城京よりもさらに古い歴史に加え、新たなおしゃれカフェやお土産など魅力あふれる橿原・飛鳥エリアの観光。ぜひその魅力を、現地で楽しんでみてください。

  • image by:シカマアキ
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

ジャーナリスト・フォトグラファー。飛行機・空港、旅行、ホテル、グルメなどをメインに、国内外で取材、撮影などを行う。雑誌やWEB向けの記事、写真や旅行などのセミナー講師も務める。元全国紙記者。大阪在住。

Website / Twitter / Instagram

日本はじまりの地、奈良「橿原・飛鳥」でパワースポットにご当地グルメや開運も!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます