旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

2021年の絶景は千代田区にあり。光り輝く「イルミネーション」4選

Array
2021/12/19

クリスマスを目前に迎え、いよいよピークを迎えるイルミネーション。寒い季節でも胸が躍る、キラキラと輝く夢の光景に包まれるひとときは、慌ただしい年末年始の心を潤してくれます。

都心に数あるイルミネーションスポットのなかでも、最先端のショッピングスポットと共に歴史と文化の詰まった千代田区は見逃せないエリア。観光協会がガイドを発行するほど情熱が傾けられた千代田区のイルミネーションから、珠玉の4選をご紹介します。

※※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

映画シリーズから、日本の伝統美までが勢ぞろい!

丸の内イルミネーション2021

image by:PR TIMES

2018年より行われてきた再開発事業「東京駅前常盤橋プロジェクト」により登場した、新スポット「常盤橋タワー」。地上からの高さはおよそ212mに及び、グルメスポットも数多く登場しています。

2021年は、丸の内にズラリと並ぶ街路樹と共に、この常盤橋タワーの眼前に位置する大規模屋外広場「TOKYO TORCH Park」が同時に点灯。どちらもシャンパンゴールドカラーの輝きで、千代田区らしい上品な美しさを発します。

約1.2kmに渡ってブランドショップが立ち並ぶ仲通りの街路樹は、なんと340本を超える規模。LEDの数は約120万球にのぼり、普段はオフィス街としてクールな印象を放つ丸の内エリアが、一躍ロマンチックな光に満ち溢れますよ。

  • 期間:2021年11月11日~2022年2月20日
  • 点灯時間:15:00~23:00 ※12月は15:00~24:00(予定)
  • 場所:丸の内仲通り ほか
  • ホームページ

Marunouchi Bright Christmas 2021 「ハリー・ポッター」魔法ワールドからの贈り物

image by:PR TIMES

2001年に第1作目となる『ハリー・ポッターと賢者の石』が公開され、全世界にその名を轟かせる驚異的大ヒットシリーズとなった「ハリー・ポッター」。今年は公開から20周年となる記念の年として、さまざまなコラボレーションが行われています。

丸の内エリアでも、そんなハリー・ポッターとイルミネーションがコラボレーション。9月にオープンしたばかりの「TOKYO TORCH Park」を舞台に、ツリー型イルミネーション「Tree of Owl Post-ふくろう便の樹-」が登場します。

都内最大級となる高さ約30mのツリーは、ハリー・ポッターシリーズに登場する印象的なモチーフが次々と映し出される、映像を駆使した圧巻の演出。まさに魔法のようなひとときを体感できるイルミネーションとなっています。

  • 期間:2021年11月11日~12月25日
  • 点灯時間:場所により異なる
  • 場所:丸ビル/TOKYO TORCH Cafe/丸の内ブリックスクエア/丸の内オアゾ他
  • ホームページ

HIBIYA Magic Time Illumination 2021

image by:PR TIMES

コンセプトに「TOMORROW~新たな幕がひらく~」を掲げ、カラフルなグラデーションが移り変わる様子が新たな日々を予感させる「HIBIYA Magic Time Illumination 2021」。一色では表現できないライトアップの広がりを感じさせる演出です。


2021年を語るキーワードとして印象的な「サステナブル」から「Reduce、Reuse、Recycle」をテーマに、白熱電球より消費電力が抑えられるLEDの利用、繰り返し使える人工アートツリー、配線隠しに廃材のウッドチップを使用するなどの取り組みを実施。

スマホをツリーにかざすことで、オリジナルのARフィルターで幻想的な映像撮影ができるなど、参加型の演出も。ディズニー・アニメーション最新作『ミラベルと魔法だらけの家』公開記念の特別BGMが流れるなど、ファンタジックな空間を満喫することができます。

  • 期間:2021年11月18日~2022年2月14日
  • 点灯時間:17:00~23:00
  • 場所:日比谷仲通り/東京ミッドタウン日比谷
  • ホームページ

WHITE KITTE 伝統工芸・和紙でできた“にっぽんのクリスマス”

image by:PR TIMES

毎年、日本の伝統工芸を取り入れたユニークなイルミネーションで話題を呼ぶ「WHITE KITTE」。今年は施設のコンセプトでもある「にっぽんらしさと、あたらしさを。」をテーマに掲げ、クリスマスと和紙を組み合わせた風流な演出が行われます。

和紙で作られた数えきれないほどの雪型モチーフが降り注ぐように吊り下げられている、広々とした1階のアトリウムは壮観。その数は約1万2,000枚に及び、伝統文様の「雪華文」が採用された美しい形状に、古来より伝わる日本の心を感じることができます。

他にも、雪華文がさまざまなオブジェなどに姿を変えた魅力的なフォトスポットがいっぱい。館内のすべてで「圧倒的な白い世界」が表現され、「フィジカル・ディスタンス」を維持した絶妙な位置関係を保つことで、安心・安全のイルミネーションを堪能することができます。

  • 期間:2021年11月24日~12月25日
  • 点灯時間:7:00~23:00 「KITTE 雪と光の演出プログラム」は12:10~21:00(各時20分おきに各回3分間実施)
  • 場所:JPタワー商業施設「KITTE」
  • ホームページ

今年は、東京駅周辺イルミネーションガイド「TOKYO CENTRAL ILLUMINATIONガイド2021」も配布中。東京駅、丸の内、日比谷エリアのイルミネーション情報を網羅した一冊を手に、輝く夜のお散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • source:PR TIMES
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

美容師・ヘアメイクを経て映画業界に転身。フリーの記者カメラマンとして国内外のレッドカーペット取材や俳優インタビューを行いながら、来日イベントの企画運営・PR、記者会見や舞台挨拶のMCなど洋画をメインに活動。現在は育児のため仕事をセーブし、ライターとして幅広いジャンルの記事を執筆中。

Instagram

2021年の絶景は千代田区にあり。光り輝く「イルミネーション」4選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます