旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

【京都の学校給食】漁港が近いから味わえる鮮度抜群のお魚~伊根編~

Array
2022/01/15

月に1度、伊根の食材尽くしの給食「いーねランチ♪」

取材日は、伊根町の食材をふんだんに使った月に一度の「いーねランチ」の日。献立は、黒米ごはん、ツバスの照り焼き、かぶの即席づけ、さつまいものすり流し汁、柿。

校内放送で流れる今日の献立に耳を傾けながら給食を味わう児童のみなさん

「地元食材は日ごろから給食で食べていますが、毎日食べていると意識しづらかったりするので、月に1回『いーねランチ♪』を実施し漁師さんや生産者さんたちの顔を思い浮かべてもらう。そんな狙いがあります」そう語るのは栄養教諭の改田佑実(かいだ ゆうみ)先生。

お魚が美味しいのはもちろんのこと、地元の農家さんが育てる野菜はそのものの味が濃厚。魚も野菜も素材の味を生かした献立を意識し、塩分はちょっぴり控えめに仕上げているんだとか。

赤ちゃんのお肌のように、もちもちやわらかな白玉は絶品

地産地消に加えて、手作り&作りたての味わいにもこだわっているという伊根小の給食。

さつまいものすり流し汁は、サツマイモをミキシングしてポタージュのようにしてから、かつお出汁で仕上げます。滑らかで上品なすり流し汁は料亭のお味に匹敵するほど!

実際に給食を試食しましたが、味付けに物足りなさはなく、驚きの美味しさでした。

丁寧に給食を盛り付けます。料理の味が混ざらないようにお皿の枚数はちょっぴり多め

そのほか、あんこは小豆から焚き、よもぎ団子はヨモギの葉を摘むところから、イチゴジャムは農家さんのところへイチゴを摘みに、パンも自家製で焼き立てを提供、さらにはアレルギー除去まで……。手間暇惜しまずに安心で美味しい給食を追求する調理員さんたちの愛情が伝わってきますね。

茶碗蒸し、イチゴジャム、よもぎ団子、パンに至るまですべて手作りにこだわる

いま読まれてます
【京都の学校給食】漁港が近いから味わえる鮮度抜群のお魚~伊根編~
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます