旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

不倫が絶対にバレる街?世界遺産ラトビアの首都「リガ歴史地区」

Array
2022/06/08

バルト海に面するラトビアは、リトアニアとエストニアの間、「バルト三国」の真ん中に位置する国です。13世紀からハンザ同盟の港街として繁栄してきた首都リガの旧市街には、さまざまな伝承が残る建物があります。

そこで今回は、「バルト海の真珠」ともいわれるラトビアのリガの魅力、そして不思議な伝承の数々をご紹介していきましょう。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

「バルト海の真珠」と讃えられる美しい港街リガ

花が咲き乱れるラトビア首都リガimage by:石黒まり花

いまや世界中に「〇〇海の真珠」と称されているところがあるので、もはや本家はどこなのかとも思ってしまいますが、リガの旧市街はユネスコ世界遺産に登録されている、中世の面影を残す美しい街です。

路地のあるリガimage by:石黒まり花

ダウガヴァ川沿いに広がる旧市街は、細い路地で広場が結ばれ、歴史ある建物が並んでいます。

「リガ大聖堂」image by:石黒まり花

目を引くのは、1211年に建造され、バルト3国では最大かつ最古の「リガ大聖堂」。当初は木造建築だったそうですが、増改築を経て現在の赤煉瓦の姿になりました。

「リガ大聖堂」image by:Grisha Bruev/Shutterstock.com

聖堂内は白と茶を基調にして、一見シンプルですが、ステンドグラスの美しさに目を奪われます。特に入って左手にあるリガの歴史を描いたステンドグラスは圧巻の絶景!

image by:石黒まり花

もともとの塔は140mもあったそうですが火災で焼失してしまい、1776年に再建された現在のものは50m低いそう。

中庭にはアルベルト大司教像があり、自身が建てたリガ大聖堂の模型を持っています。この建築したものの模型を持つ像は、ヨーロッパ各地で見られますね。

仲良く並ぶ中世の家は題して「三人兄弟」

「三人兄弟」と呼ばれる建物image by:石黒まり花

路地に3軒並ぶ建物は「三人兄弟」。同じくバルト三国のエストニア首都タリンには「三人姉妹」という建物がありますが、こちらは「兄弟」です。


向かって右の白い建物が「長男」で一番古く15世紀の建築。真ん中の黄色い建物が「次男」で17世紀のマニエリスム様式建築、左側の薄緑の建物が「三男」で17世紀末のバロック様式の住居です。

「長男」はラトビアに現在残存する一般住宅ではが最も古いものなんだとか。15世紀当時は、窓の大きさによって税金が決まる「窓税」があったため、「長男」の窓はかなり小さいのが特徴。

「次男」以降の時代では窓税が廃止されたため、窓は大きいのですが、代わりに「間口税」が導入されたため、ウナギの寝床状態になっているんだそうです。

いま読まれてます
不倫が絶対にバレる街?世界遺産ラトビアの首都「リガ歴史地区」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます